芸能

小島瑠璃子「キングダム破局」で中国進出崩壊もユーチューバー転身で「女版ヒロミ」を目指す

 去る6月28日、大ヒット漫画「キングダム」の作者・原泰久氏(46)との破局がスポーツ紙で報じられた小島瑠璃子(27)。

 交際の馴れ初めとなったのは19年1月放送の「世界ふしぎ発見!」(TBS系)での共演で、もともと原氏の熱烈なファンだった彼女が猛アタック。昨年7月に原氏が拠点を置く福岡での「手つなぎデート」を「NEWSポストセブン」にキャッチされ、小島は出演番組で「19歳差交際」を認めるに至った。

 こうした中で浮上していたのが「略奪疑惑」だ。愛妻家で子煩悩な父として知られた原氏だったが、妻とは同年3月に離婚。そのため、「小島が原氏を強引に奪ったのではないか」との憶測が飛び交ったのである。遠距離恋愛によるスレ違いが破局につながったようだが、果たして小島の心中は。

「引きずることもなく、せいせいしているようです」

 こう語るのは、テレビ関係者だ。

「小島は交際発覚以降、世間から『略奪愛』と言われるのが苦痛で仕方なかった。親しいスタイリストに『第三者から想像でゴチャゴチャ言われるのがいちばんムカつく』と漏らしていたほどです」

 そんな彼女には、破局による人生設計の見直しが迫られている。

「小島は原氏との交際スタート直後とみられる昨年5月、テレビ東京の『あちこちオードリー』で中国進出という壮大な夢を語っていたのです。彼女いわく『人生の勝負』。14億人市場でタレントとしてブレイクする人生設計を熱く語っていました。古代中国の戦国時代を描いた『キングダム』の作者である原氏との熱愛で浮かれていたのは容易に想像がつきます」(前出・テレビ関係者)

 それからわずか1年後、コロナ禍もあって中国進出プランはあえなく崩壊。

「今年6月、再度出演した同番組で彼女は『あのプランが目の前で燃えた』と断念したことを告白。破局報道の直前でしたが、放送を見て『これは別れたな』と直感しましたね」(前出・テレビ関係者)

 今後、小島はどこへ向かうのか。

「彼女が新たな理想として掲げるのが、オトコに頼らない人生。商才に絶対の自信を持っていて、周囲には『テレビから呼ばれなくなっても食べていける』と豪語しています」(前出・テレビ関係者)

 中国進出を諦めた彼女が見据えるのはYouTubeだといい、

「自分と同じくクルマが趣味のヒロミ(56)の名前を出し、『ヒロミさんみたいに趣味を紹介するユーチューバーに転身したい』と漏らしている。中国の『ちの字』も出さなくなりました」(前出・テレビ関係者)

 経験豊富な小島にとって「女版ヒロミ」は現実的な路線かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
2
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
3
野茂英雄や佐々木主浩でもない…田尾安志、“最強直球投手”に江川卓を挙げた理由
4
桑子真帆、上沼恵美子が分析した“結婚する気はなかった”ワケ
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(4)「あさチャン!」での思い切ったカミングアウト