スポーツ

白鵬「ライブ相撲マンガ」、4歳で初めて触れた大相撲が育んだ「日本への興味」!

 辛い稽古の合間に、宮城野部屋の屋上に上がり、モンゴルの父と母を思い出す日々。“この空はモンゴルの空へとつながっている”…そんなふうに感じながら、屋上で泣いていた少年時代の白鵬は、そもそもどのようにして大相撲と出会ったのだろうか。白鵬が語る。

「私は5人兄弟(兄が1人、姉が3人)の末っ子で、父親が44歳の時の子供でした。どこに行くにも父親と一緒。夜は川の字になって両親の間で寝ていました。子供というより孫みたいに可愛がってもらいました」

 1985年(昭和60年)3月11日、白鵬ことムンフバト・ダヴァジャルガルは、モンゴル相撲の大横綱ジクジドゥ・ムンフバトと女医ウルジーウタス・タミルの5番目の子供として誕生。愛称ダヴァは、両親の愛情を受け、すくすくと育っていった。

 そんなある日、ダヴァは珍しい本を手に取ることになる。ダヴァは、父親に訊ねる。

「これって何ィ?」

「それは日本(ヤポン)の相撲(ブフ)の本だ!」

 青いまわしを締めた横綱・千代の富士が表紙に載っていたその本は、父親が日本に行った時に買ってきたものだった。白鵬が、初めて日本の大相撲に触れた瞬間である。時に白鵬4歳。

 そしてレスリング、バスケットボールにも打ち込んだ少年時代だったが、いつしか大相撲に、日本に興味を持ち始め、「(日本に)行ってみたい気持ちはいつしか絶対に行くという気持ちに」変わり、ついに、白鵬は…。

 気になる同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」第15番「モンゴルの少年時代」は8月17日発売の「週刊アサヒ芸能」8月26日号に掲載。乞うご期待! はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
樋口可南子が不貞発覚で放った「芸能史に残る名言」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
「風呂に入らない」「下世話な収入と貯金話」堂々とぶっちゃける…夢も希望もない「アイドルの庶民化」にはゲンナリだ!