芸能

これが「令和の新・共演NG」リスト(4)市村正親との離婚で篠原涼子にホリプロ女優陣が反旗?

 オトコ、ライバル関係以外にも共演NGとなるのがキャラ被りだ。

「イス取りゲームの芸能界に同じキャラは不要です。田中みな実(34)は女子アナから女優に転身を果たしましたが、彼女とキャラが被るのが宇垣美里(30)。昨年、美容本を出版したばかりか、この夏には『彼女はキレイだった』(フジ系)で女優業に本格進出するなど、“ポスト田中”のようなキャリアを積んでいる。バラエティー番組の司会などを減らし、女優業に本腰を入れた田中としては、面白いわけがない。今後2人が共演することはないでしょう」(芸能デスク)

 共にTBS出身、同じアナのムジナは2匹もいらない!?

 8月9日放送の「霜降りミキXIT」(TBS系)で江頭2:50(56)の暴挙を告白したのがトリンドル玲奈(29)だった。

「17歳ぐらいの時に仕事を始めた当初、ロケをしていたら、私の目の前で大きな虫を食べて、出して、追いかけてきたんです。変な匂いがしたからとりあえず逃げて、そしたら追いかけてきて、どこまでも追いかけてきて‥‥」

 トラウマにならないほうがムリというもの‥‥。

川田裕美(38)もナイナイ・岡村隆史(51)との共演NGをカミングアウトしています。面識のなかった2人ですが、岡村が川田を気に入っているという話が内々に伝わった。その後、番組で2人のデート企画が持ち上がったが、川田の事務所がNGを発出。昨年の岡村女性蔑視騒動を考えると、あの判断は先見の明だったかも」(織田氏)

 岡村が独身生活に終止符を打ったことで、NGリストから除外されていればいいのだが‥‥。

 一方、市村正親(72)と電撃離婚したことで、かつての求心力を失っている篠原涼子(48)の場合はどうか。

「堂本光一(42)や武田真治(48)など、市村を慕う芸能人は多く、しかも市村は大手ホリプロ所属。篠原に新恋人の影がチラつき始めたとなれば、事務所“総出”で彼女にNOを突きつける可能性は高い。綾瀬はるか、石原さとみ(34)、高畑充希(29)など、人気女優が反旗を翻すかもしれない」(芸能デスク)

 同じく石橋貴明(59)との熟年離婚で、逆に女優オファーが殺到中なのが鈴木保奈美(55)だ。

 フジテレビ関係者が打ち明ける。

「昨年は、『スーツ2』(フジ系)で織田裕二(53)と共演し、かつての『東京ラブストーリー』ファンを喜ばせました。しかし、この“月9コンビ”の出演に際し、局が2人の対談を企画したところ、互いの事務所から『対談はNG』とつれない答えでした。実は『東ラブ』の収録時、役にのめり込みやすい織田さんと保奈美さんの間でかなり激しいバトルがあったんです。今でも当時の話を蒸し返すのはタブーなんです」

 令和に入って3度目の夏を迎えても、怨路は続くよどこまでも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!