芸能

米倉涼子、漏洩“衝撃画像”で「ミニ丈スカート揉み奉仕」していた大物俳優!

 秋のドラマの最高視聴率を虎視眈々と狙うのが、2年ぶりとなる「ドクターX」(テレビ朝日系)だろう。「私、失敗しないので」でお馴染みの米倉涼子もシリーズ開始から10年目を迎え心機一転。事務所を独立する一方、コロナ禍での撮影には厳戒体制が続く。そうした中、突如、さる大物俳優が米倉に対して「揉み奉仕」をしているというとんでもない画像が漏洩。そこから意外な、撮影現場の内情が明らかになったと10月12日発売の「週刊アサヒ芸能」が詳報している。

 まずは、今や国民的ドラマともいえる「ドクターX」の10月14日から放送される第7シリーズの中身と、現場での米倉の様子について触れておくと、内容は、現在の新型コロナウイルスの猛威を反映して、クラスターがテーマになるなど、「コロナ禍」を意識した内容になりそうだ。放送記者によれば、

「今回のドラマの第1話の台本はすでに今年の4月に完成。そこで、未知のウイルスをテーマにすることが決まっていたそうです。しかし問題になったのが、マスクの有無。特に、タンカを切る米倉涼子さん(46)演じる天才女医・大門未知子のセリフが魅力なだけに、顔が隠れてしまっては、魅力が半減するのではと危惧の声も出ていた。ところが、米倉さんは、口元が隠れるデメリットを、歌舞伎役者よろしく目力で表現し、スタッフの杞憂を吹き飛ばした。しかも米倉さんからは、『コロナ予防になって一石二鳥ね』と、マスクでの撮影にもノリノリで臨んでいるそうです」

 20年に所属事務所を独立した矢先のコロナの流行で、表立った仕事が、ほとんどキャンセルになる中、舞台をはさんでいよいよ“本格始動”作となったのが、「ドクターX」だっただけに、気合の入りようも半端ではなかったようなのだ。

 そんな最中に、大物俳優が、ミニ丈スカートからスラリと伸びた美脚をモミモミと揉むご奉仕姿が漏洩し、ドラマ関係者の間で物議を醸しているというのだ。ファンクラブの会員も興奮気味に話すその全容と、その大物俳優の実名。そして、その画像と不可分とも言える、米倉の、知られざる過酷な撮影現場での内情を含め、10月12日発売の「週刊アサヒ芸能」10月21日号で詳しくレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは