芸能

米倉涼子「ドクターX」数字上昇の裏に「瀬戸朝香と内田有紀のバスト比べ」!?

 女優・米倉涼子主演の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)シリーズ7の第8話が12月2日に放送された。今話の視聴率は15.5%(世帯視聴率)で、シリーズ史上ワーストの数字が出てしまった前回よりも0.6%上昇した形だ。

 8話では、ゲストとして女優・瀬戸朝香が重篤ながん患者・八神さつきを熱演した。瀬戸演じる八神と、内田有紀扮するフリーランスの麻酔科医・城之内博美とは高校の同級生で親友だった、という設定。当時、実は2人とも同じ男性を好きになり、最後は城之内(内田)が譲った、など“恋バナ”で盛り上がるシーンがあったのだが、芸能ライターが言う。

「劇中、米倉扮する大門未知子とさつきとの会話の中で、城之内がなぜ身を引いたのかについて、さつきが『私のほうが』としたうえで、バストが『おっきかったからね…』なんて言ったんです。これにはネット上で、実際のところはどうなのか盛り上がりを見せていましたね。2人に米倉も加えた3人の10~20代の頃のセパレート水着姿のグラビア写真を並べて見比べた書き込みなども見ましたよ“奇跡のアラフォー”の代表とも言われ、現在実年齢で46歳になる内田は推定Dカップ。ところが、実年齢で放送時点では44歳の瀬戸は、推定Cカップと言われていました。ただ、結婚して子供を2人授かったのを経て、胸が内田以上にぐんと成長し今なら瀬戸に軍配が上がるのかも、なんて考えてしまいましたね」

 ともあれ、瀬戸という「大物ゲスト」が登場したことも視聴率の持ち直しに影響したと言えそうだ。が、さらに今話では、かなり視聴者が驚いた“異例の展開”もあったという。

「さつきは、外科手術で治る可能性があるからオペを受けるべきという大門の再三の提案を断って、息子が勧める内科主導での治療を優先したこともあって亡くなるんです。SNSでは、さつきの顔が《パンパンでまったく話が入ってこなかった》という声もあるほど治療中のシーンでも顔色は悪くなかったんですが、急に苦しみだし、息を引き取った。この展開には驚いた人もかなりいたようですね」(前出・芸能ライター)

“失敗しない女”が、直接ではないにせよ患者を救えなかった展開は、一部メディアでも指摘されているような“今シリーズで終了”のサインなのか…とも気になってしまった。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ