スポーツ

星野監督と野村監督で“真逆”山崎武司を本塁打王に導いた「厳命」とは

 山崎武司氏といえば、中日時代の1996年と、楽天時代の2007年に本塁打王を獲得。セ・パ両球団で本塁打王に輝いたのは、落合博満氏(ロッテ・中日)、タフィ・ローズ氏(近鉄・巨人)に続く3人目の快挙だった。

 その山崎氏が、古田敦也氏のYouTubeチャンネル「フルタの方程式」の、12月7日投稿回に出演。本塁打王獲得時の、中日、楽天でのバッターボックスに立つ心構えが、それぞれの監督の意向により異なっていたことを明かしている。

 中日時代の本塁打王は、星野仙一氏の第2次政権の1年目にあたる。大きく外れたボールを振ると、星野監督は烈火のごとく怒りを飛ばしてきたそうで、そのため山崎氏は本塁打王を獲得した年にも三振数95と2ケタに抑えている。

 一方、楽天時代の本塁打王は、野村克也氏が監督に就任して2年目のこと。当時の山崎氏は「なんでそんなに三振を怖がっとるんや?」と野村監督に問われた上に、「ちゃんと根拠がある三振なら、200三振でも300三振でもしてこい!」とゲキを飛ばされ、本塁打王獲得の一方で142三振を記録している。しかし、108打点で打点王までついてきたのだから、補って余りある功績に違いない。また古田氏いわく、野村監督が古田氏に「三振を良し」とすることは無かったそうで、山崎氏をスラッガーと認めた上でのアドバイスだったことが窺える。

 もっとも、星野監督も当時の山崎氏にはよかれと思ってのアドバイスだったわけで、本塁打王を獲らせたことは事実。両名将の対照的な考えが垣間見えた、見応えのある動画だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」