芸能

米倉涼子、「ドクターX」シリーズ史上一番キレイ?野村萬斎の株も急上昇のワケ

 12月9日、米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)のシリーズ7の第9話が放送されたが、視聴率は16.8%(世帯視聴率)で、初回の19.0%に次ぐ“好成績”となった。

 9話は、西田敏行扮する現・東帝大学病院の院長代理と、途中分院に飛ばされたものの東帝大学病院に戻ってきた遠藤憲一扮する海老名元外科部長、勝村政信扮する外科リーダーの加地秀樹、6話からの出演となった鈴木浩介扮する外科医の原守という歴代シリーズを米倉とともに盛り上げてきたと言っていい4人が満を持して再集結。古参のファンにとってはそれだけでも観る価値があったのではないか。

 芸能ライターは、冒頭、米倉扮する大門と、野村萬斎演じる東帝大学病院メディカルソリューション本部長の蜂須賀隆太郎との高級寿司屋デートが注目のシーンだったとして、こう話す。

「酸いも甘いも知り尽くしているといった感じの大人同士の食事会には視聴者からも《何だかとても艶っぽい》と評判でした。寿司が大好物の大門が、無邪気に次々食べたいネタを注文するのを、隣の席で柔和で愛おしそうな表情で見つめるジェントルマン風な蜂須賀に、SNS上では“この微笑みは罪!”“あまりにも艶っぽいのがずるい”といった内容の声が出るなど、ここに来て株が急上昇。蜂須賀は白衣姿でなく、ビシッとしたジャケットとシワのないYシャツの内側に洒落た柄のスカーフを差してキメ、一方の大門も、首元まで覆った甘いフリルつきの女性らしい薄手の白いブラウスとニット姿で上半身の肌出しを最小限に抑えていましたが、それが逆に色香を漂わせていましたよ」

 そんな米倉の艶気の源泉となる美しさについては、シリーズ7が始まった当初から、ネット上では〈米倉涼子 本当綺麗すぎてずっとみてられるー〉〈米倉涼子さん全然顔変わらんやん〉など美貌を称えるものが相当あった。

 前出の芸能ライターによれば、「12月9日のイベントで、米倉は『ドクターX』撮影中に体調を崩し、一時期つえをついて生活していたと舞台裏での苦労を明かしていました。その一方で、手術で縫うシーンは吹き替えは一切なしで『裏でコツコツやっているのが彼女の魅力』とドラマのエグゼクティブプロデューサーも取材に答えているほど努力もしています」とのことだが、いろいろな面で自分に厳しいことが視聴者を惹きつけ続ける美の秘訣なのかも。

 このまま最終話での盛り上がりを期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”