スポーツ

古田敦也はギャンブラー!?荒木大輔、「4年ぶり」登板&復活劇を動画回顧

 主にヤクルトで活躍した元プロ野球選手・荒木大輔氏といえば、1982年ドラフト1位でヤクルトに入団。87年には自身キャリアハイとなる2ケタの10勝を挙げる活躍を見せるも、翌88年はシーズン途中でひじ痛を発症。アメリカに渡り、当時、日本プロ野球では、三井雅晴氏(ロッテ)、村田兆治氏(ロッテ)に続いて3例目となる、トミー・ジョン手術を受けている。

 しかし、リハビリを焦るあまり、症状が悪化して翌年に再手術。91年には椎間板ヘルニアを患い、復帰登板は4年余りが経過した92年9月24日、対広島カープ戦だった。

 この試合でマスクを被ったのは、入団3年目ながら、前年の91年に首位打者のタイトルに輝いた古田敦也氏。マウンド上、荒木氏の期待と想定とは明らかに違う球種を要求されるシーンもあったようで…。

 プロ野球のOBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に荒木氏が出演した12月7日付け投稿回で、その、「4年ぶり登板」時の興味深いエピソードが明かされている。

 初のバッテリーを組むことになった古田氏に、自身の持ち球を一通り知らせ、フォークボールに関しては、決め球というよりも、抜けるようなチェンジアップ的なボールだと説明。ところが、試合が始まると、当時広島で4番を打っていた江藤智氏を追い込んだところでフォークのサイン…「コイツおかしいんじゃないの?」と疑問に思いつつ投げたところ、荒木氏いわく、「生涯一」の落ち幅だったそうだ。

 古田氏を「時々ギャンブル的なことやるんで…」とも評した荒木氏。当チャンネルに招き、古田氏に当時の考えを訊ねていただきたいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」