特集

飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

Sponsored

 コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増え、若い社員たちが入社したためか同僚たちもなんだか浮足立っている。「仕事帰りに軽く一杯」などという日も近いだろう。

 だが、そんな開放的な日常が戻ってきた一方で、実はミドル世代に危機が訪れている。刺激のない自粛生活によって中高年の「夜の元気」が失われているのだ。

◆「夜の活力」を取り戻すために、右往左往するミドル世代

 長引くリモートワークの影響はことのほか大きい。通勤を再開したら疲れた、休日に出かけるのもすでに億劫になるなど、体力低下を実感する中高年男性が増えている。当初は、家での時間が増えることでパートナーとのコミュニケーションが増えたという人も多かったが、夜の営みはマンネリ化。自粛生活下では他の女性との刺激的な出会いも現実的に難しい。

 その間、男の活力は徐々に蝕まれ、ようやく自粛期間明けというのに「自信がない」「持続力がない」とため息交じりのミドル世代が急増。雑誌やナイトライフ系商品のメーカー調査でも、自粛期間の影響で「性欲が減退した」「回数が減った」という傾向が明らかになっている。

 男の活力を取り戻すのは、一筋縄では行かない深刻な問題だ。いよいよ元気がなくなったとき、ついすがりたくなるのが、いわゆる精力剤だが、果たしてその効果はどうか。あの「○○王」のようなネーミングにギラギラ感のあるパッケージ。マカやすっぽん、亜鉛推しの定番商品から、聞き慣れない植物エキスを売りにした怪しい商品まで、何やらインパクトはあるものの、高価な割にどれも期待はずれだったり、続けてみたがムダだったという商品も多いのではないだろうか。結果、有象無象の商品に振り回された挙げ句、「齢だから仕方ない」と半ばあきらめるのがオチだったりする。

◆栄養補助サプリと侮るなかれ、“夜もイキイキ”という話題の商品を発見!

 だが、そうしたミドル世代の間で密かに話題となっている意外な商品がある。久光製薬の「活力アミノ酸(R)DX」というサプリメントだ。

 この「活力アミノ酸(R)DX」、パッケージを見る限り“夜感”はそれほど感じられない外装デザイン。というより、久光製薬といえば「サロンパス(R)」が世界共通語にもなっている製薬業界のリーディングカンパニーだ。アスリートからも重宝される筋肉のエネルギー源「BCAA」が800mg、さらに細胞内でエネルギー生成を促してくれる成分「コエンザイムQ10」が30mgも配合されていることから、夜限定の精力剤ではないことがわかるだろう。

 実際、前日の疲れが溜まるようになってきたため体力維持の目的で購入したり、肌のハリに衰えを感じてエイジングケアのために愛用したりするユーザーが多い。

 ところが「活力アミノ酸(R)DX」を飲み続けたミドル世代のユーザーの口コミには「夜もイキイキ」という声が多数挙がっている。

「体が軽くなっただけでなく、夜の生活が元気に」「朝起きたとき、男の活力が戻ってきた気がする」「滋養強壮ドリンクに比べたらリーズナブル」(※)といった、まさに“嬉しい誤算”が報告されているのだ。いや、安全で品質の高いサプリが夜にも役立つなら、むしろそれで十分ではないか?

※個人の感想です。実感には個人差があります。

⇒男の活力をイキイキとさせるのはコレ!

◆注目の活力成分シトルリンを850mg=にんにく308個分配合!

 それもそのはず、実はこの「活力アミノ酸(R)DX」にはBCAAやコエンザイムQ10のほか「シトルリン」850mgを主成分として配合している。

 ネットで精力剤を探したことがある諸兄なら「シトルリン」と聞いてピンとくる方もいるだろう。夜の活力減退の要因は、ストレスによるテストステロンの減少や血流の低下に拠るところも大きい。とくに年齢を重ねると、どうしても血管が衰え、体に十分な量の血液がめぐらなくなる。すると細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、老化が進行してしまう。

 身体のめぐりを助けるシトルリンは、タンパク質と結合せずに体中に存在し、ここ一番のときすぐに働けるよう準備する「遊離アミノ酸」の一種。仕事や運動のパフォーマンスを上げたい昼はもちろん、夜の活力もサポートしてくれる頼もしいアミノ酸だ。

 「活力アミノ酸(R)DX」のシトルリン850mgという配合量は、一般的な栄養補助サプリに比べても多く、ゴーヤで言えば25.7本分、にんにくに換算すると、なんと308個分にも相当する。また味も、グレープフルーツのようなスッキリ風味で、この手のサプリの中では珍しく飲みやすい。

⇒一日のパフォーマンスの向上に!

◆ミドル世代が夜の元気を取り戻す王道は、継続に他ならない

 「活力アミノ酸(R)DX」を続けてみると、改めて気付くことがある。20代~30代の頃であれば筋肉量も基礎代謝量も高い。多少疲れていても、ここ一番の前の滋養強壮ドリンクで何とかなるものだ。だが、そうした付け焼き刃が通用しなくなるのが中高年の悩みの本質ではないだろうか。

 治療薬という手もあるかもしれないが、少し怖い。そもそも、ふだんから老け込んで見えてしまっては、夜がどうこう以前にモテないしパートナーも振り向いてくれない。

 つまり、自信を失いかけているミドル世代が夜の元気を取り戻すには、即効性より”活力のベースアップ”が先決なのだ。主成分のシトルリンに、BCAA、コエンザイムQ10、クエン酸、ビタミンB群(B1、B6、B12)などこだわり成分を加えた「活力アミノ酸(R)DX」は、いわばそのシナジー効果で中高年の悩みに根本からアプローチしてくれる。逆に言えば、あれやこれや複数のサプリを摂取しなくとも、コレ一つ続けることで、昼も夜も一石二鳥のパフォーマンスを備えているサプリメントだ。

 職場でギラギラパッケージの精力剤を開けるのは憚られるが、「活力アミノ酸(R)DX」は小分けの顆粒タイプで目立たないのもメリット。携行しやすく、いつでもどこでもサッと飲めるといった利便性もポイントが高く、飲み忘れしにくいのがいい。

⇒いつでもサッと飲めて活力みなぎる

◆活力を実感するなら、初回50%オフのキャンペーン中に!

 先述の通り、中高年がかつての元気を取り戻すには、付け焼き刃ではなく、品質や製造工程において信頼できるサプリメントをチョイスし、習慣付けることが王道だ。

 では「活力アミノ酸(R)DX」の場合、どのくらい続ければよいのか?もちろん個人によって違いを感じ始めるのに差はあるが、人体を構成する60兆個もの細胞は、およそ3ヶ月で入れ替わるとされている。この代謝サイクルを考えると、3ヶ月程度が評価の目安と言えるだろう。

 現在、久光製薬の公式ホームページからの購入であれば、定期購入の初回分50%オフのキャンペーンが実施されている。2回目以降も10%オフで継続でき、送料は無料。2回目以降の解約は可能なので、安価なキャンペーン中に試してみることをオススメしたい。

⇒活力アミノ酸(R)DXはこちら

Sponsored by 久光製薬株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す