芸能

松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論

 6月11日、フジテレビの土曜プレミアム枠で、映画「万引き家族」が放送された。

 同作は「第71回カンヌ国際映画祭」で最高賞となるパルムドールを受賞した人気作。フジテレビでは19年にも放送されたが、今回は是枝裕和監督の最新作「ベイビー・ブローカー」の公開記念ということで、再度の地上波放送となった。

 そんな中で男性視聴者の目を釘付けにしたのは、松岡茉優の過激シーンだった。テレビ誌記者が言う。

「松岡は安藤サクラが演じるパート従業員・柴田信代の妹役である亜紀を熱演。女子高生を見学する店で従業員としてプレイするシーンがあり、ネット上ではその艶っぷりが完全に抜きネタ化しています。その大胆さに、初の地上波放送時はネット上で『コレ、流して大丈夫なの?』と疑問視する声も出たほどです」

 その「プレイ」で松岡は自ら制服をはだけ、ミラーの向こう側の客に向けて胸を揉みしだく。さらにスカートをまくり上げると、M字開脚スタイルで腰を振る姿を見せつけた。映画ライターも驚きを隠さない。

「同作が日本アカデミー賞で8部門の最優秀賞に選ばれて出演者が登壇した際、松岡は一人号泣しており、それだけ彼女にとっては覚悟を決めて臨んだ役柄だったと思われます。一方で、今回の放送でも感嘆の声が上がっていたのが、意外な爆裂バストぶり。作品内では制服に着替えるシーンで色白の大きな胸が飛び出し、自分でそれをゆっくりと揉みながら持ち上げる。ボリューム感たっぷりでありながら、マシュマロのような柔らかさも伝わってきます。彼女は同作以降、ここまで過激なシーンを演じることはなく、自身のSNSでさえもボディーラインを強調させる衣装を着る姿を見せません。あの推定Dカップのフルオープンを拝める新作を待ち望むファンは多いでしょうね」

 大物女優の道へ、一肌も二肌も脱いでほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」