芸能

「最新バスト揺れ番付」発表!新横綱・土屋太鳳の「タンクトップ大暴れアクション」が凄い

 ここ数年、ドラマや映画業界で「バストが揺れれば数字(視聴率や興行収入)が伸びる」と、まことしやかに囁かれ、胸の大激震こそが人気のバロメーターになっていた。

「週刊アサヒ芸能」(8月18・25日合併号)では「揺れバスト審議委員会」のメンバーが集結。夏場所終了後に定例会合が開かれ、「最新バスト揺れ番付」を発表している。それによると──。

 なんと言っても、見事な好成績を残して満場一致で新横綱に推されたのは、土屋太鳳だ。

 20年12月から配信中のNetflixドラマ「今際の国のアリス」では、タンクトップでアクション演技に挑み、強調されたGカップのバストがブルンブルンと縦横無尽に大暴れ。世界の1800万人を釘づけにすると、12月に続編の公開も決定。「揺れ審」委員で映画評論家の秋本鉄次氏も太鼓判を押している。

「今年2月公開の映画『大怪獣のあとしまつ』(松竹/東映)で、キャリアウーマン役で出演した際、ブラウス姿で何度も飛び跳ねてバストを弾ませた。脱いだわけじゃないのに、匂い立つ成熟度が伝わってきました」

 新時代の幕開けを予感させる中、立ちはだかるのは大横綱の綾瀬はるかだった。

 それは11年公開の映画「プリンセス トヨトミ」(東宝)で商店街を走り回る場面。Fカップバストを振り乱し、約4分間で76回の大揺れは語り草となっている。

 このほか、有村架純、倉科カナ、橋本環奈、吉岡里帆、長澤まさみ、池田エライザらが三役入り。先の「週刊アサヒ芸能」では、審議理由と共に、前頭や十両の「バスト揺れ女優」についても詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…