芸能

「最新バスト揺れ番付」発表!新横綱・土屋太鳳の「タンクトップ大暴れアクション」が凄い

 ここ数年、ドラマや映画業界で「バストが揺れれば数字(視聴率や興行収入)が伸びる」と、まことしやかに囁かれ、胸の大激震こそが人気のバロメーターになっていた。

「週刊アサヒ芸能」(8月18・25日合併号)では「揺れバスト審議委員会」のメンバーが集結。夏場所終了後に定例会合が開かれ、「最新バスト揺れ番付」を発表している。それによると──。

 なんと言っても、見事な好成績を残して満場一致で新横綱に推されたのは、土屋太鳳だ。

 20年12月から配信中のNetflixドラマ「今際の国のアリス」では、タンクトップでアクション演技に挑み、強調されたGカップのバストがブルンブルンと縦横無尽に大暴れ。世界の1800万人を釘づけにすると、12月に続編の公開も決定。「揺れ審」委員で映画評論家の秋本鉄次氏も太鼓判を押している。

「今年2月公開の映画『大怪獣のあとしまつ』(松竹/東映)で、キャリアウーマン役で出演した際、ブラウス姿で何度も飛び跳ねてバストを弾ませた。脱いだわけじゃないのに、匂い立つ成熟度が伝わってきました」

 新時代の幕開けを予感させる中、立ちはだかるのは大横綱の綾瀬はるかだった。

 それは11年公開の映画「プリンセス トヨトミ」(東宝)で商店街を走り回る場面。Fカップバストを振り乱し、約4分間で76回の大揺れは語り草となっている。

 このほか、有村架純、倉科カナ、橋本環奈、吉岡里帆、長澤まさみ、池田エライザらが三役入り。先の「週刊アサヒ芸能」では、審議理由と共に、前頭や十両の「バスト揺れ女優」についても詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!