社会

ウチの猫がガンになりました(31)/弟猫2匹はつきっきりで寄り添っていた

 10月31日。真夜中、ジュテの声が聞こえたと思って1階に降りて行き、和室の押入を見ると、押入の前に置いた椅子の上にいたはずの弟猫ガトーが、ジュテの前に座っていた。ジュテは表情が乏しく、固まっている気がしたが、2匹ともこちらを見ている。兄弟で何かを訴えたいのだろうか。ガトーはそのうち、椅子に戻って寝てしまったが。

 仮眠して5時、再び和室に行くと、これまで我々がジュテのそばにいる時は姿をほとんど見せなかった、末弟のクールボーイがいるではないか。近づくと、クールはわずかに後ずさりした。

「お前も心配なのか」

 7時、また見に行くと、ガトーもクールもいる。ジュテは後ろ向きのまま。ジュテにはタオルケットをかける。

 10時。ゆっちゃんとジュテの様子を確認。大きく呼吸しているのがわかった。顔を見合わせるのも辛い。

 ゆっちゃんは前日、夜10時頃にお風呂に入ったのだが、突然、大きな音がしたので何かと思ったら、叫ぶような嗚咽だった。一緒に過ごす時間が限られている。もういたたまれないのだ。

 そう思ってテレビを見ていたら、涙目になった。親が亡くなった時でも、こんな気持ちにはならなかったのだが。何に気持ちがゆり動かされているのか、もはや自分でもわからない。だが、目の前のジュテを見て、お互いにいよいよ覚悟しなければならないことだけは理解していたと思う。

「やっぱり、酸素室に連れて行こう」

 そっと抱き上げ、静かに酸素室に入れてあげた。しかし、居心地が悪いらしい。すぐに出て、リビングの椅子に前足をかけてから飛び乗った。力を振り絞っている感じだ。

「抱っこしよう」

 これが最後の抱っこかもしれないと思った。ゆっちゃんに言って、酸素マスクをつないでもらい、口元にあててみる。ゴホッ、ゴホッと鈍い咳。お腹も大きく動く。水分補給と思って、指を水に浸して唇を濡らしたが、ジュテは顔を背けてしまった。

 ぐったりしている気がしたので、どうしようか。とりあえず、苦しがっても酸素室がいいのではと思い、そっと入れて、安眠できるように周囲をタオルケットで暗くしてみた。

 こうなったら、この日は日曜で休診だが、動物病院に連絡して相談してみるしかない。だが、留守電になって出ない。

 ダメもとで行ってみよう。動物病院の前に行くと灯りがついているので、トントンとドアを叩く。まるで夜中、病院に駆けつける、昭和のドラマのワンシーンだ。すると、アキコ先生が顔を出して、ビックリしている。

「どうしました?」

「どうも…」

「水分は摂れてますか」

「ほとんど…」

「補液の注入の仕方を覚えておけばよかったですね」

 そう言うと、「皮下補液の手順」という説明書を取り出して、教えてくれた。

 補液剤を37度か38度に温め、シリングに補液を吸い取っていく。シリングに翼状の針をつけ、針先まで液を出して刺す準備をする。猫の背中の注射部位を決めて、アルコールの綿で消毒する。猫の皮膚を軽くつまんで翼状の針を刺し、シリングの液をゆっくり注入する(シリングに液を継ぎ足し、注入する際は空気を入れないように注意する)。終わったら針を抜き、注射部位を揉みほぐす。

 家に戻って、ゆっちゃんとさっそくやってみた。最も難しかったのは、38度という温度。温度計がとっさには見つからず、「人肌よりちょっと熱いくらいということだよね」とゆっちゃんが言う。それを目安にやってみるしかない。そして慣れないながらも、なんとかやってみた。

 これなら温度計を買ってきて訓練すれば、自宅でもできそうだ。毎回、病院まで行かなくてもいいように、やはりもっと早く習っておけばよかった。

 ジュテはやや顔つきが元気そうで、押入で休んでいる。その日、ガトーとクールは付きっきりだった。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫