芸能

フジロックで沸騰!木村充揮の原点「憂歌団」と「放送禁止ソング」秘話/日本音楽シーン「名作裏面史」

 今年7月に開催された「FUJI ROCK FESTIVAL ’22」では、往年の名曲「おそうじオバチャン」を、ローリング・ストーンズの「Shake Your Hips」風ブギーナンバーにアレンジし、観客を大いに沸かせた…といえば、関西ブルース界のレジェンド、木村充揮である。

「天使のダミ声」と称される彼の原点は、75年にデビューしたブルースバンド「憂歌団」。メンバーは木村のほか、ギター・内田勘太郎、ベース・花岡憲二、ドラムス・島田和夫。98年の「バンド冬眠宣言」まで20年以上にわたり、不動のラインナップで活動を続けた。

 憂歌団の魅力はなんといっても、耳にする誰もが「英語では?」と錯覚させる木村のしゃがれたボーカルと、それに絡む内田の指のつめ弾きボトルネックギター。そこに「やったれ、やったれ!」「やっやら、やったら!」といった、客との掛け合いがバッチリとハマるのだ。

 そんな彼らの全貌が収められているのが、77年3月に発売された、3作目にして初のライブ盤「”生聞”59分!」だ。

 AB面合わせて14曲。もちろん、彼らの名を全国に轟かせた「おそうじオバチャン」も収録されている。

 実は1stアルバムに収録されたこの曲は当時、女性ビル清掃員を差別しているとして、女性議員から指摘を受け、放送禁止になっていた。だが、むろんそんなことでメゲる彼らではない。

 さっそくアンサーソングとして、2ndアルバムで「お政治オバチャン」なる曲を発表。残念ながらこのライブ盤には収録されていないが、まさに「歌で受けたうっぷんは歌で返す」という、関西ならではの遊び心を感じたものだ。

 そんなこともあって、関西ローカルだった憂歌団の知名度は広がり、結果、このアルバムは関西ブルースバントとしては異例の、5万枚セールスを記録した。

 なお、アナログ盤のライナーノートには「至高の日本ジャズ全史」などの著者で音楽評論家の相倉久人氏と、タモリとの対談も収録されており、そちらも一見の価値アリ、である。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)