芸能

工藤静香「森高千里とツーショット」公開は「絶対やめておくべきだった」大失態

 12月7日、フジテレビ系「2022 FNS歌謡祭」(フジテレビ系)第1夜に出演した工藤静香。ソロデビュー曲として87年に発売した「禁断のテレパシー」を、水樹奈々とのコラボで披露した。さらに中島みゆきの名曲「空と君のあいだに」を歌い上げている。

 衰えない歌唱力を見せつけた工藤だが、同番組を巡る行動について「絶対にやめておくべきだった」と指摘するのは、芸能関係者だ。

「大物アーティストが集結した『FNS歌謡祭』で突出した存在感を発揮したのですが、彼女は致命的なミスを犯してしまいました」

 それは放送後のことだった。12月8日、工藤は自身のインスタグラムを更新して「昨夜 FNSを観てくださった皆さま ありがとうございました」と感謝を述べ、出演時の衣装を紹介。共演したガチャピン、ムックと撮影した写真を公開した。さらには「空と君のあいだに」を歌った際に、緊張しすぎたせいで歌詞を間違えたことまで明かすなど、サービス満点で同番組を振り返っている。これの何が問題だというのか。

「インスタで工藤は『歌詞間違え』以上の大チョンボを犯しているのです。私自身、とっさに目を覆ってしまいましたよ。共演した森高千里とのツーショット写真を載せてしまったんです。両者ともデビュー35周年で工藤が1歳下なのですが、森高の外見は驚異的なまでの衰え知らず。写真での工藤は森高と比べて、顔の大きさが1.5倍以上。森高のスタイルは20代のままです。知らない人が見たら、工藤を『森高のお母さん』と思いかねないような一枚でした」(前出・芸能関係者)

 図らずも、森高の超人ぶりが際立つ「証拠写真」となったのである。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」