スポーツ

本田圭佑が高校サッカー優勝「岡山学芸館」の戦術にダメ出ししたら猛反撃を食らい…

 1月9日の成人の日、5万868人もの大観衆の前で全国高校サッカー選手権の優勝旗を岡山県勢で初めて手にしたのは、伏兵の岡山学芸館高校だった。1回戦から、優勝候補の実力上位校を次々と撃破。専門家のほぼ全員が優勝候補の隅っこにも挙げなかった高校の戴冠に、世間も驚いた。スポーツライターが振り返る。

「決勝戦も、フィジカルで有利な東山高校(京都)を相手に、セカンドボール獲得に苦労しながら、数少ないチャンスを見事に決め続けて3得点。1回戦からの全6試合で先制点を許さなかった戦いぶりは見事でした。Jリーグ内定者ゼロ、つまりスター選手不在の高校ですが、中国地区のプリンスリーグでは無敗でしたし、高校サッカーマニアからは注目されていました。でも優勝までは…というのが大方の予想だった。それがあれよあれよの快進撃。試合前や試合後の礼儀正しさも爽やかで、評判が良かったと思います」

 そんな岡山学芸館が大番狂わせを果たした大会で、物議を醸したのは、元サッカー日本代表の本田圭佑だった。1月7日に受けた取材で、

「個で見ると、なかなかいい選手がいる。ただ偉そうなことを言わせてもらうと、戦術面はちょっとひどいなと思う部分は多かった。これを話し始めるとライセンス問題、指導者の問題に行き着く」

 と苦言を呈したからだ。

 先のW杯の解説でもズバズバと斬り込む姿勢が大いに話題になった本田だが、これに反旗を翻したのが、岡山学芸館の平清孝ゼネラルアドバイザーだった。本田の意見を尊重して「ディカッションしたい」と言いつつ、本田の影響力に憮然。いわく、

「彼がぽっと言っちゃうと、高校サッカー、指導者を全否定しているようなね。ちょっとあれは怖い。『なんだ、俺たち一生懸命やっているのに』と思っちゃうかもしれない」

 国立競技場で決勝戦を楽しんだファンは軒並み、平氏に同調したようである。前出のスポーツライターは、

「本田は日本サッカーの技術向上と発展のために、キツめの発言をしたと思います。でも、高校サッカーはあくまで、部活動の集大成。教育の一環なんだから、戦術以上に礼儀なども重要です。プロ目線の意見で高校サッカーを否定するのは出しゃばりすぎ、という声があるんですね。何でもかんでも上から言わないでほしい、というわけです」

 同じ高校スポーツでで、近年導入された高校球児の球数制限も「プロ志向ありき」と批判する人は多い。確かにその競技を職業にする生徒は、ほんのひと握り。ほとんどが高校3年間の部活動で、完全燃焼を目指している。

 タダでは引っ込まない本田の切り返しはあるか──。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道