社会

地方都市「キャバ店激減」の深刻事情「若い子が整形するためにすぐ辞めちゃう」

 東京にいると、夜の街の風景はここ十数年ほどさほど変化がないように見える。しかし、地方都市に出ると、夜の街は大きく変化していることがはっきりとわかる。平成中期~後期に乱立していたキャバ店が減少し、代わりにコンセプトカフェやガールズバーが激増しているのである。

 なぜ、このような現象が起きているのか。関西地方のキャバ店で店長を務める男性は「働き手側の減少が大きな要因にある」と語る。

「7、8年ほどまではカリスマ嬢がメディアや雑誌で取り上げられたりして、『中学生のなりたい職業ランキング』でも上位に入るほど、人気のある仕事でした。ところが令和に入ると安定指向の若者が増え、昔のように水商売だけで食っていこうという子が激減したんです。本気でやる気がある子はみんな東京に行ってしまうので、うちのような地方店は今や学生の腰掛けバイトしかいませんよ」

 男性が勤務する店は地元では中箱クラスだが、キャストは年々、減少しているという。若い女性が入店しても、長くは続かないのだ。

「今どきといえばそうなのかもしれませんが、整形費用を貯めるためだけに働く子が増えているんです。だから、数カ月から半年で目標金額に達するとあっさり辞めてしまいます。ひと昔前なら整形して美しくなって、そこからさらに売れっ子になろうという子が多かった。しかし、最近は東京で就職する前に整形したいという理由で働く子が多いですね」

 職業としての流行り廃りや、地元を離れて東京で就職したいと考える女性の増加により、固定で出勤するレギュラーキャストが集まらないのだという。レギュラーキャストは指名客を呼ぶ、いわば店の稼ぎ頭。そのレギュラーが長続きしなければ、店の売上にも大きく影響してくる。

「今のままではいずれ店を閉めることになるかもしれない」

 と、男性は肩を落とす。レギュラーキャストを集め、新規客をいかに増やすかが、地方の店の大きな課題のようだ。

(カワノアユミ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」