政治

失笑を食らう岸田「異次元の少子化対策」に既婚・未婚女性がズバリ提言する「卵子問題」

 近い将来、日本の男性の2人のうち1人が、子供を持たずに生涯を終える──。それは結婚しない、ということだけでなく、既婚でも無子率が高く、女性においてもそれは同じである。

 岸田文雄総理が豪語する「異次元の少子化対策」が失笑を買うなど、大きな話題になっている中で、子供を持たない若い女性が実行していることがある。それが「卵子凍結」だ。結婚カウンセラーいわく、

「政府が子育て支援を強化するたびに、結局はお金を出せばなんとかなると思っているんだなぁと感じますね。不妊治療への支援は評価できるものではありますが、最近、20代の女性の間では、既婚未婚に関係なく、卵子凍結がよく話題になります」

 実際に卵子を凍結させている、20代の未婚女性が言う。

「この先、たとえ結婚してもしなくても、子供ができるかどうかなんてわからないし、子供を持ちたいと考えた時に、できなかったら不妊治療すればいい、じゃ遅いんです。今から元気な卵子を凍結しておけば、いつでも引き出せますから」

 30代で子供がいない既婚女性も、

「私も40万円くらいかけて、卵子を凍結しています。若いのに、と言われますけど、若いからこそ、今のうちに凍結させておくのがいいと思って。27歳の妹にも勧めたら『まだ20代なのに何十万円もかけてすること?』と。いやいや、若いからこそだし、そのお金は惜しくないよ、と説得しています。男性も女性も自分の凍結したものを保存する未来になれば、少子化は解決していくのではないかと感じます」

 政府の少子化対策、子育て、不妊治療以前に、そこに支援があれば、様々な問題は解決に向かうかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題