社会

スキャンダラスな過去をもつ女性政治家たちを一挙暴露

20140925p_2

 このほど安倍総理は内閣改造で多くの女性閣僚を起用したが、女性の政界進出が増えれば増えるほど、スキャンダラスな過去も明らかになるばかりだ。

 三原順子参議院議員(50)は、女優時代にヘアヌード写真集「Junco」を出版。カメラマンは巨匠・荒木経惟氏だ。内容もバスルームの全裸ショットなど肢体を惜しげもなく披露。当時40代で、脂の乗った腰つきに股間から生い茂るヘアがまぶしい。中にはバナナを使いフェラを思わせるショットも。

 民主党の蓮舫参議院議員(46)はキャンギャル出身。際どいビキニ姿で世の男性を魅了した過去を封印しているが、当時“関西版ねるとん”と呼ばれた関西ローカル番組「合コン!合宿!解放区」(朝日放送系)で司会を担当。「さあこれから夜ばいのコーナーが始まりま~す」など際どい言葉を連発していた。

 一方、「産めないのか!」セクハラ発言で話題になった塩村文夏都議会議員(36)は、元グラビアアイドルで、「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)に出演したことや「スーパージョッキー」(日本テレビ系)で熱湯コマーシャルに出た経験もある。出たがりぶりは当時と変わらないようだ。

 参議院議長も務めた“重鎮”扇千景(81)は、俳優の故長門裕之に暴露本「洋子へ 長門裕之の愛の落書集」で、その関係を暴露されている。「僕は彼女の中で激情した」など赤裸々な告白までされ、その性描写はまるでエロ小説顔負け。あまりの過激さで、当時物議を醸し、重版からその記述は削除された

 現在浪人中の民主党・田中美絵子氏(38)は、過去に女優活動をしていたばかりか、04年公開の映画「盲獣vs一寸法師」では乳首を披露している。

 かつて「姫の虎退治」で話題となった生活の党所属の姫井由美子氏(55)は5年前、過去に不倫関係にあった元高校教師の男性に情事の写真を週刊誌でバラまかれ、同誌に「(姫井は)かなりのMで、ぶってぶってとよくせがまれた」と告白された。それだけでは終わらず、暴露本「毒姫」まで出版されるハメに。

 小沢ガールズの相次ぐスキャンダルに有権者も離れてしまったのは言うまでもない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故