芸能

ヒロミも山里亮太もコメントを拒否した「不義理オンナ足立梨花の結婚」への嫌悪感

 ヒロミのヤンキー魂を見た。

 6月27日の「DayDay.」(日本テレビ系)にコメンテーターとして出演したヒロミは、市川猿之助容疑者の逮捕には言及したものの、タレント・足立梨花の結婚については無言を貫いた。足立に祝福コメントを寄せたのは、モデルのアンミカだけ。全方位に敵を作らないMC山里亮太ですら、言葉は少なかった。

 足立は2020年3月、志村けんが新型コロナで入院した際に、

「ええっと、、、とりあえず。1カ月以上会ってませんので大丈夫です」

 とSNSで反応。

 志村の冠番組にレギュラー出演していながら、恩人への配慮を欠いた発言が大炎上。その後も批判に逆ギレし続け、志村が生死を彷徨う中で「いろんな方が危機感をもつべき」「嫌なら見るなよ」などと投稿。志村が亡くなった後にも不謹慎なひと言を加筆した写真をアップし、志村の死を悲しむファンだけでなく、有名人の死に動揺するネットユーザーを逆撫でし続ける悪手に終始した。芸能記者が語る。

「八王子出身のヒロミは、同じく東京都下出身の志村さんを敬愛していました。志村さんが亡くなった翌日、フジテレビの番組に出演した際には、突然の訃報に呆然としながらも『僕の中にはドリフの何かが入ってると思う。本当に日本人のDNAの中にドリフって入ってるんじゃないかってぐらい、僕らはドリフで育ってて』『芸能界に入って共演できて、ご飯や飲みに行けたのは、本当にオレの中で宝物』と感謝の言葉を繋いだほどです。たとえコメンテーターとして番組に呼ばれていても、志村に不義理な言動を続けた足立の結婚に、ヒロミが無言を貫いたのは当然でしょう。意外なところで、元ヤンキーのヒロミの義理堅さが垣間見れました」

 足立の結婚相手は銅像でお馴染みの二宮金次郎を先祖に持つ、手話パフォーマーのTATSU。そのパフォーマンスで内閣総理大臣激励賞を受賞し、二宮の故郷である神奈川県二宮町の観光親善大使も担う。お坊ちゃん育ちゆえに、ドリフや志村の番組を見る機会がなかった優等生キャラだとしたら、志村のファンや芸人に今も疎まれる足立には、最良の結婚相手だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒