スポーツ

女子バレー選手が不信感を募らせる「盗み撮り」手口の巧妙化

 9月16日から始まる「ワールドカップバレー2023」を前に関係者の間で懸念されているのが、女子選手に対する「盗み撮り」問題だ。

 バレーボールの試合会場では白熱する試合に熱心に声援を送るファンがいる一方、選手のバストや下腹部、インナーのラインを狙う悪質な観客がいる。撮影された写真はネットにアップされ、選手たちを精神的に追い込んでいる現実がある。

 今年2月には元日本代表の栗原恵が身体やインナーのラインが見えてしまうことに「不安を感じることがありました」と告白。対策として、自らアドバイザリースタッフを務めるメーカーのインナー一体型の練習着を紹介している。

 また、Vリーグ「久光」や日本代表で活躍し、今年6月末で現役を引退した石井優希もメディアの取材に対して、自身もインナーのラインなどをアップで撮られる被害にあったことを明かし、「やっぱり気持ち悪い」と告白。一方で、

「疑いの目で見てしまうと、ファンの人もアスリートもどっちもいい気持ちではない」

 と苦しい胸の内を吐露している。

 スポーツライターが語る。

「最近はカメラがどんどん小型化し手口も巧妙になっていることから、一見では撮影していることすらわからないケースも少なくありません。また、選手のプレーを捉えているフリをしながら堂々と悪質な撮影する輩もいて、どこまでが盗み撮りなのか判断できないこともあります。現在は発覚してもすでにデータが転送されてしまう場合もあり、肝心の証拠すら残らない。選手の不信感を完全に払拭ることは難しいでしょうね」

 7月13日には性的な盗み撮りなどを取り締まる「性的姿態撮影等処罰罪」が施行されたが、着衣の上からの撮影された場合は対象とならない可能性が高い。

 問題はバレーボール選手に限ったことではない。盗み撮りはもってのほかだが、各スポーツ団体には、女子アスリートたちが伸び伸びとプレーできる環境作りを願いたいものだ。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる