社会

【超神秘ドキュメント】最新科学がついに解明!人生が走馬灯となって駆け巡る「臨死体験」脳活動の正体とは

 人間は息を引き取る前、自分のこれまでの人生が走馬灯となって駆け巡り、やがて自分を他者の視点から見る、いわゆる幽体離脱のような状態に移行するのではないか、と言われてきた。ただ、むろん死んだ後に生き返った人間はいないので、これはあくまでも死の淵から生還したという人々による、オカルト的要素を含む証言として捉えられてきた。

 ところが昨年、米ミシガン大学の研究チームが、助かる見込みのない患者の生命維持装置を停止させて彼らの脳波測定を行い、その詳細な研究内容を今年5月に、科学雑誌「PNAS」に発表。世界の科学者たちの間に大きな衝撃が走った。科学ジャーナリストが解説する。

「今回、脳科学の分野から『臨死体験』の正体を解き明かしたのは、ミシガン大学のボルジギン教授を中心にした研究グループです。彼らは2013年、前段階の実験として、麻酔によりラットを昏睡状態にし、心停止させると、30秒以内に強いガンマ波が発生することを突き止めたんです。研究を進める中、このガンマ波が意識や思考、記憶、夢など、脳が複数の領域を組み合わせた状況で発生することが分かった。そこで2020年、家族の同意を得た上で、助かる見込みがなく昏睡状態にある4人の患者の生命維持装置を停止させると、驚くことにラット同様、ガンマ波のバーストが観測されたのです。死ぬ直前にはガンマ波からなる、通常ではありえないほどの大きな脳活動が起きていることが判明しました。つまりそれが『臨死体験の正体』だったというわけなのです」

 ではなぜ、死を目前に控えた患者たちの脳波が突然、活性化したのか。この疑問については、研究グループは明確な答えにたどり着いていないとされるが、人間をはじめ、全ての動物は死に直面した場合、なんとかしてと助かる方法を探し出すため、脳内のアドレナリンを総動員。過去の記憶を引き出し、それを映像化させ、一気に蘇らせているのではないかという説がある。それが走馬灯体験の原因だとする脳科学者もいるのだ。

 今回の研究により、臨死体験がオカルトの範疇を超え、脳科学の分野へと移行したことに、驚きの声が上がっている。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること