エンタメ

Z世代が「たまごダブル」「タイガー魔法瓶」「写ルンです」平成・昭和レトロに飛びつくワケ

 昨今、グルメに家電に雑貨、音楽と昭和・平成レトロブームが到来している。技術が進化したデジタルの時代に、使い勝手が悪く、不完全なアナログ商品が話題を呼び、次々と懐かしの商品が復刻している。エンタメ誌ライターが語る。

「最近では『マクドナルド』が平成時代に販売していた『たまごダブル』などを復活させたのが話題になりましたが、飲食業界では昭和・平成レトロブームが到来していて、『松屋』は平成レトロメニューとしてかつて販売していた人気商品を復刻し、『サンマルクカフェ』では昭和レトロを意識したナポリタンやクリームソーダを発売しています。また、飲食に限らず『タイガー魔法瓶』は創立100周年のレトロ柄復刻シリーズを販売すると大評判で、老舗ガラス食器の『アデリア』が販売するグラスなどのレトロシリーズは女性たちから大人気となっているのです」

 他にも横丁や銭湯などのレトロスポットやシティポップといった80年代の音楽、平成に一大ブームを巻き起こした使い捨てカメラ「写ルンです」にも改めて脚光が当たっている。昭和レトロブームは2000年代初頭からはじまったとされているが、昨年頃からは昭和に加えて平成も再評価されるようになっており、新たにブームを牽引しているのはZ世代と呼ばれる若者たちなのだ。

「以前までの昭和レトロブームは昭和生まれの人たちが自分の青春時代などを懐かしむためのものでしたが、今では10代や20代の若者たちが昭和や平成の色彩豊かで枠にはまらない表現のアイテムにエモさを感じて支持しているのです。なぜZ世代がレトロにハマったかといえば、サブスクリプションの影響が大きいでしょう。動画配信サービスや音楽配信サービスでは古い時代の作品も見放題・聴き放題ですから。昔の作品に触れた若者たちが新たな感性で、古臭いだけではない魅力を感じ取っているのです」(フリージャーナリスト)

 今後もしばらくはレトロブームが続きそうだ。

(小林洋三)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)