芸能

【なんと意外】浜辺美波・高橋一生・小栗旬・薄幸(納言)・ラランドのサーヤも「実は子役出身」だった

 NHK朝ドラ「らんまん」の主人公・神木隆之介が子役出身なのは、有名な話。わずか2歳でCMデビューし、6歳の時に「グッドニュース」(TBS系)でドラマデビューした。齢30にして芸歴28年のベテランだ。

 神木だけではない。万太郎の妻・寿恵子役の浜辺美波も子役出身。2011年の第7回「東宝シンデレラオーディション」でニュージェネレーション賞を受賞し、芸能界入りしたのは11歳の時だった。ハウスバーモントカレーのCMで、相葉雅紀と一緒にカレーを食べている子供の中にズバ抜けてカワイイ美少女がいたが、それが浜辺だったのだ。

 万太郎の弟子になる虎鉄の少年時代を演じた寺田心は、3歳でデビュー。青年になった虎鉄を演じている濱田龍臣も、6歳でデビューした。NHK大河ドラマ「龍馬伝」で、龍馬の幼少期を演じている。

 さらに高橋一生は児童劇団出身で、10歳の時にビートたけし主演映画「ほしをつぐもの」でデビューした。スタジオジブリ製作アニメ映画「耳をすませば」で天沢聖司の声を演じたのが14歳の時で、声変わりする前の美声を聞くことができると、ファンの間ではもっぱら評判だ。ほかにも小栗旬は11歳、山本耕史に至っては、0歳の頃から赤ちゃんモデルとして活動していた。

 意外なところでは現在、「真夏のシンデレラ」(フジテレビ系)で、臨床研修医・佐々木修を演じる萩原利久。「大好きな小島よしおに会いたい」と芸能スクールに入り、9歳の時に「LEGOブロック」のCMでデビューした。あのバラエティー番組「めちゃ×2イケてるっ!」(フジテレビ系)でのナイナイ岡村隆史のオカレモンで、オカレモンJr.を演じていたというから驚く。

 もっと驚いたのは、ラランドのサーヤ。子役時代、カルビーのポテトチップスやタカラの玩具CMに出演していたとか。ある番組で当時のCMを見たが、「あの子がサーヤだったのか!」と衝撃が走った。お笑い芸人ではやさぐれキャラの納言・薄幸も、小5から子役をやっていたとか。

「子役、大成せず」とは昔の話。今やテレビは元子役で溢れている。そういえば、あの吉永小百合も子役デビューしており、「赤銅鈴之助」や「まぼろし探偵」などの少年少女向けドラマに出ていた。最近の子役はスキルが高く、将来が楽しみだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す