スポーツ

V逸でも先発投手のFA補強はしない巨人・原監督が手を出す「阪神・岡田式」チーム運営

 今季もセ・リーグ優勝を逃した巨人が、FAによる日本人先発投手の補強を見送る方針だという。スポーツ紙ベテラン遊軍記者は、

「これは原監督の強い意向によるものでしょう」

 今季、国内FA権を取得した先発投手には石田健大(DeNA)、今永昇太(DeNA)、山崎福也(オリックス)、加藤貴之(日本ハム)らがいる。また、FA権を持つ楽天の田中将大も単年契約のため、獲得は可能だ。

 巨人は「欲しい欲しい病」を患うチームと呼ばれ、同じセ・リーグのチームを中心に、FAでの戦力補強を推進してきた。前出の遊軍記者によれば、

「最悪、戦力にならなくてもいいという考え方ですからね。FAで同一リーグのチームの戦力をそげば、それだけでもプラスという伝統があった」

 だがここにきて、それを避け始めたのには理由があった。スポーツ紙プロ野球担当デスクは次のように話す。

「来季、3年契約の最終年を迎える原監督の、意地と延命の策でしょうね。仮にFAで先発投手を補強して優勝しても、金で優勝を買ったと揶揄されるのは分かっている。原監督は近い将来に監督を勇退しても、GMなどで影響力を持ちたい意向がある。そのためには現有戦力である山崎伊織、赤星優志に加え、横川凱や井上温大らを自らの手腕で、一人前の先発投手にしたい。いいアピールになりますからね」

 阪神を18年ぶりのリーグ優勝に導いた、岡田彰布監督へのライバル心も背景にある。

「大した補強もしなかったのに優勝した岡田監督に対し、その選手掌握術を称えました。とはいえ、忸怩たる思いがある。自身も現有戦力の底上げで、岡田監督を見返せればと。同年代ですが、原監督には現役時代の成績も監督としての成績も自分が上、という自負がありますからね」(前出・スポーツ紙デスク)

 ただ、2年連続でBクラスに甘んじれば、進退問題が浮上しかねない。まずは目先の戦いに集中し、3位を確保したいところなのである。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「お酒大好き!」高橋凛に聞いた超絶ボディーを維持する「我慢しないお酒の飲み方」

    Sponsored

    デビュー10年目の節目に7年ぶりの写真集をリリースしたグラビアアイドルの高橋凛さん。職業柄、体型の維持には気を使っているそうですが、「ほぼ毎日嗜む」というお酒好き。それでもスタイルをキープできているのは、先輩から聞いたり自分で編み出した上手…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平「裏の顔は麻薬王」だった!「効き目はヘロインの50倍」でアメリカに仕掛けた「新アヘン戦争」
2
「新将棋会館」クラファンで異彩を放つ「藤井聡太VS永瀬拓矢」シークレット観戦料80万円
3
【サッカー日本代表】森保監督は課題を解消できず!闘莉王がズバリ指摘した「最大の弱点」
4
「驚愕の北朝鮮」裏面史…金正恩一族は「テレポーテーション超能力」で空間を飛び越え瞬間移動した
5
掛布雅之が阪神・佐藤輝明に「5番より3番」昨季は2割5分だった打順を推す3つの理由