スポーツ

「初恋の人と電撃再婚」元貴乃花を親方廃業に追いやった相撲協会の「圧力」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 元横綱・貴乃花の花田光司氏が、1歳年上で「初恋の人」だった女性と再婚していたと、「週刊文春」が報じた。記事によれば、女性とは花田氏が十両だった10代の頃に2年間交際していたが、今年3月、女性が花田氏へ手紙を送ったことがきっかけで、30年ぶりに再会。その後、交際が始まり、8月に入籍したという。

 とはいえ、再婚の事実を絶縁中の母でタレントの藤田紀子をはじめ、兄で元横綱・若乃花のタレント・花田虎上、さらには長男の花田優一、次女の白河れいにも伝えていなかった、との一部報道も。ふと花田氏の親方引退劇と離婚時を思い出した。

 貴乃花親方(当時)が東京・六本木ヒルズに300人のマスコミを集めて、日本相撲協会に退職願を提出したとする、事実上の「廃業・引退」会見を開いたのは、2018年9月25日。きっかけは、前年秋に起こった日馬富士による貴ノ岩暴行事件だった。

 貴乃花親方はこの事件で協会の対応に問題があったとして、内閣府に告訴状を提出。だが直後の大阪場所で、弟子の貴公俊の暴行の事実が明らかになり、告訴状を取り下げる事態に。降格処分後は、一兵卒として再スタートしていた。

「ところが突然、全親方は各界内にある5つの一門のうちいずれかに所属しなければならず、それができなければ来場所以降は弟子たちは土俵に上がることができない、とのルールを協会が取り決めた。むろん、反旗を翻した貴乃花親方に対する仕打ちです。その期限が9月27日だったというわけなんです」(スポーツ紙相撲担当記者)

 会見で貴乃花親方は、こう主張した。

「外部弁護士から書面が届きました。告発状は事実無根な理由でなされたもの、と結論付けられていました。私は事実無根ではないと書面で説明して参りましたが、親方を廃業せざるをえないという有形無形の要請を受け続け、告発内容は事実無根であることを認めるように要請され続けた。真実を曲げて、告発は事実無根だと認めることは、私にはできません。このままでは、私は一門に所属することができず、力士は相撲に精進できない。断腸の思いですが、千賀ノ浦部屋に所属先を変更させていただき、私は年寄を引退する苦渋の決断をしたわけです」

 すなわちこの引退は「協会からの圧力」だったというのである。どうやらこの会見に臨むことは、事前に景子夫人は知らされていなかったようで、景子氏が不信感を募らせる大きな要因になったといわれる。

 その後、夫妻は「卒婚」に同意、離婚届に判を押したが、その離婚届を10月25日に提出することも、景子夫人は聞かされていなかった、との報道もあった。貴乃花部屋の元後援会関係者は当時、筆者の取材に、

「貴乃花という男は相撲スタイル同様、一度こうと決めたら絶対に意思を曲げることなどない人物。だから周囲が何を言っても聞かないし、本人も余計なことは一切言わない。ただ、わかる者にはわかる。そんな無骨さこそが、彼の魅力なんですよ」

 余計なことは黙して語らずもよしだが、今度こそは添い遂げてほしいものである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す