事件

迷走巨人 清武クーデターの波紋(5)「掟破りの禁じ手」への報復

 こうした不穏な動きは、読売サイドも察知。すぐさま対抗策に打って出た。それが、清武氏のインタビュー2日後に朝日新聞に掲載された、渡邉会長のインタビュー記事である。もちろん、清武批判のオンパレードだった。スポーツ紙デスクが明かす。
「あれは渡邉会長がみずから朝日に売り込んだというか、持ちかけたインタビューだと聞きました。清武氏を抱え込もうとしている朝日に対する牽制、揺さぶりです」
 一説には、「インタビューをさせるから、清武獲得はやめるように」という趣旨のことを朝日にやんわりと要求した、とも言われるが‥‥。
 いずれにしても、顧問就任に横ヤリを入れる、異例のライバル紙登場だったのだ。
 そして、実は朝日が清武氏の引き抜き交渉を画策するのは、読売への「報復措置」でもある、との指摘も。
 きっかけとなったのは、今年6月28日、朝日の系列新聞社である日刊スポーツの定時株主総会だった。ここで突然、緊急動議が提出され、三浦基裕社長(当時)が解任されたのだ。そしてクーデターを起こした創業一族の川田員之会長が、社長を兼任することになる。読売グループ関係者が言う。
「読売新聞系のスポーツ報知が、解任された三浦社長を顧問として迎え入れたのです。掟破り、禁じ手であり、過去にこんなことはなかったでしょう。三浦氏は日刊スポーツの、例えば販売ルートや発行部数、取材ノウハウ、野球評論家のギャラなどのデータを持ち出し、報知に提供したのではないかと言われています」
「報知=読売」が犯したタブーに、朝日が「目には目を」と対抗したのが、「清武顧問」交渉だったというのだ。「清武VSナベツネ」の醜悪な対立は、まさに「朝日VS読売」の代理戦争の様相を呈しているのである。
 渡邉会長は、清武氏を相手に訴訟を起こすことを明言し、清武氏も徹底抗戦の構えを見せている。泥沼の抗争は、ライバル新聞同士のプライドを賭けた戦いでもあるのだ。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”