芸能

GACKT「翔んで埼玉」舞台挨拶で再燃した「身長サバ読み疑惑」

「GACKTにはこれまでに何度か『身長サバ読み疑惑』が持ち上がったことがあります。公称180センチとされているのですが、実際はそれよりも低く、175センチ前後との見方があるんです」

 とは週刊誌記者。そんな疑惑が、映画「翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~」によって再び浮上した。

 GACKTは映画の公開舞台挨拶に出席。その時の写真がメディアや出演者のSNSで公開されると、GACKTの背丈に注目が集まった。特に視線が注がれたのが、共演者の川崎麻世と野性爆弾くっきーとの身長差であるという。

「川崎とくっきーより、GACKTの方がわずかに低く見えるんです。川崎、クッキーの身長は、どちらも公称180センチ。となるとGACKTは180センチに満たないことになります」(前出・週刊誌記者)

 さらにこんな指摘もある。

「舞台挨拶の写真を見ると、GACKTがかかとの高い靴を履いているのがわかります。かかと部分は5センチはありそうですね。それでいて川崎やくっきーより低く見えるということは、やはり…と考えるのも無理はありません」(エンタメ誌ライター)

 GACKTの場合、体のバランスが良いために身長が高く感じるのかもしれない。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」