社会

48年前の「甲府UFO事件」当事者が激白イベント開催!宇宙人が人間を誘拐する「エイリアン・アブダクション」の目的とは…

 1975年2月23日の夕方。山梨県甲府市上町で、いとこ同士の小学生2人(当時8歳)が帰宅途中、ブドウ畑近くでUFOから降りてきた宇宙人に遭遇した。「肩を叩かれた」と地元の山梨日日新聞に証言したことで、日本のUFO事件として大きな話題になったのが、この「甲府事件」だ。

 2人の証言によれば、UFOの大きさは直径約2.5メートル、高さ1.5メートル。扉が開くと、船内にいた「宇宙人」2人のうち1人が降りてきて、少年のひとりが肩を叩かれる。恐ろしさのあまり、その場にへたり込んでしまったというのだが、もうひとりは慌てて家まで逃げ帰り、家族を連れて現場に戻った。するとオレンジ色の光を放ったUFOは、忽然と姿を消したのだという。

 この衝撃事件から2025年で、丸50年となる。節目の年を迎える前の今年1月、48年前に宇宙人に肩を叩かれたという男性が甲府事件を振り返るイベントが開催され、UFOファンは沸き立った。

 甲府事件では幸い2人に危害が及ぶことはなかったが、1990年代のアメリカでは、エイリアンに連れ去られ、UFOに乗せられた後、身体検査などを受けて解放されたとする「エイリアン・アブダクション」体験者が急増。社会現象となり、急遽、ハーバード大学の精神医学博士とマサチューセッツ工科大学の物理学者を議長とした「アブダクション会議」が開催されたことがある。

「エイリアン・アブダクション」で最も有名なのは、1961年9月に起きた「ヒル夫妻誘拐事件」だろう。車でカナダ旅行に出かけた夫妻は怪しい光に追われると、背後から車全体が振動するほどの大音量が鳴り響く。そして2人は意識を失った。UFO研究家が解説する。

「気が付いた時には車は何事もなかったように走っていたのですが、なんとその場所は謎の物体を目撃した地点から56キロも南にある町だったというんです。その後、妻のベティは3年もの間、悪夢に悩まされ続け、1964年にボストンの精神分析医のもとを訪ねた。そして約半年をかけた催眠術による治療の結果、実はベティが見ていた悪夢は、宇宙人による恐怖の誘拐体験だった…という可能性が浮上した。宇宙人による誘拐事件として一躍、知られることとなったのです」

 48年前に甲府に降り立った宇宙人の狙いが、少年らの誘拐だったのかどうかはわからないが、その後も各地で誘拐未遂が確認されている「エイリアン・アブダクション」事件。宇宙人の目的はいったいどこにあるのか…。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」