芸能

今年モテモテだったざわちんの知られざるいじめられっ子時代

20141210zawa

 去る12月3日に行われた「2014年ベストビューティストアワード」で、今年新設された話題賞を受賞したざわちん(22)。タレント部門を受賞したベッキーのものまねメイクで本人とツーショットで登場。ベッキーは、

「すごいです。鏡を見てるみたい。『こうなってるんだ。私』ってわかりますね」

 と、ウリ二つの自分の顔に目を見張った。

 歌も歌わないし、演技もしない、スターのものまねメイクだけで芸能界を渡って大ブレイクしているざわちん。

「飛ぶ鳥を落とす勢いというのはこういうのを言うんでしょう。業界ではふなっしーと並んでオファーが取りにくい売れっ子です。今年1月発売の初のものまねメイク本『ざわちん Make Magic』は15万部の大ヒットに。来年1月24日には第2弾が発売されるなどモテモテ。トレードマークのマスクをはじめ、ものまねメイク関連のメイク用品をプロデュースするなど、引く手あまたです。オフィシャルブログを見ると、カラコン、アイシャドー、洗顔料などずらりとプロデュース商品が並んで、なかなかブログの本文にたどり着かないほど(笑)。最近は桑田佳祐や向井理ら男性メイクにも挑戦、熟練の技を見せている。本家のスターをCMやイメージキャラに起用すると、バカ高い金額を払わなければならないが、ざわちんならそれなりの金額で本家以上のインパクトある絵面が撮れる。まだまだ重宝されるはずです」(芸能レポーター)

 芸能活動が本格化したのは、3年前。「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦」(フジテレビ系)に、ものまねAKB48の一員として出たのがはじまり。同グループの板野友美を手始めにブログなどで公開する画像が評判になった。レパートリーは滝川クリステル、桐谷美玲、きゃりーぱみゅぱみゅ、ローラ、沢尻エリカ、浜崎あゆみと次々広がっていった。

 実は、メイクのきっかけはいじめだった。

「ざわちんの本名は小澤かおり。フィリピン人の母親と日本人の父親の間に生まれた日比ハーフ。群馬県で生まれ、3~6歳まで母親の両親が住むフィリピンの両親のもとで育てられた。小学校入学を機に来日したが、日本語がしゃべれず、色黒だったため、『ガングロ』『ヤマンバ』と呼ばれていじめられた。いじけるざわちんにメイクの楽しさを教えたのが母親。メイク一つで別人になったり、憧れのスターに変身することが出来、好きな男の子を振り向かせることに成功するなど、無敵のアイテムに夢中になった。ざわちんはいじめられた恨みやいじめっ子を見返してやりたいという思いで芸能界入りを目指し、成功した」(芸能ライター)

 顔だけでなく、バレーボール部で鍛えたB85・W57・H85のグラマラスボディも武器の1つだ。脱いでもスゴそうだが、本人の野望はずっと上にある。

「ズバリ海外進出。まずは中国と韓国を狙っている。おしゃれ後進国の中国は化粧の下手な女性が多い。人口も格段に多いことから当たればデカい。韓国は整形美容大国。整形する前にメイクで思い通りの顔を作ることができれば、痛い思いもせず、高い手術費用に苦しまなくて済む。目の付け所もなかなかです」(ネットライター)

 ものまねメイクタレントから女実業家に成長する日も近そうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?