芸能

2軍落ちのヤクルト・高橋奎二は妻・板野友美の「11年ぶり水着」大胆戦略を見習え

 タレントの板野友美が「週刊ヤングマガジン」の表紙に「いちご柄ビキニ」で登場した。板野が同誌に掲載されるのは約11年ぶりだという。久々のグラビア挑戦にあたり、板野は次のようにコメントしている。

「私は芸能の仕事をしながら会社を2社経営し、2歳の娘の母でもあり、野球選手の妻でもあります。かなり欲張って生きているなと思います。この全部の役割をこなすことが私自身の幸せはもちろん、結果として家族の幸せにもつながると信じています」

 ボディーメイクやピラティス、マッサージ、バストアップを施し、体のラインを直して撮影したという。出版関係者が裏事情を語る。

「往年のファンが『ヤンマガ』を買い求め、売れ行きは良好でした。母とは思えぬ引き締まったボディーラインゆえ、相当に努力したんでしょうね。今回の表紙を飾ることになった背景には、板野がプロデュースするアイドルグループ『RoLuANGEL』や、代表を務めるファッションブランドのPRという目的がありました。水着姿になったのは、自らのビジネスのためとも言えます」

 一方、板野の夫であるヤクルトスワローズの高橋奎二は、伸び悩んでいる。6月13日のソフトバンク戦では、初回から無死満塁として押し出し四球の自滅。その後も四球を出して4回途中、5失点降板し、翌日に1軍登録を抹消されている。

「スライダーとチェンジアップの質が落ちて、三振を取れなくなっています。ポスティングによるメジャー挑戦を球団に訴えていますが、そんなことを言っている場合ではないですね。もう入団9年目ですから、このままではトレード要員になってしまいます」(スポーツライター)

 妻のように1枚脱いで大胆に攻めてもらいたいものである。

(田中晃)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】