スポーツ

「板倉滉のミスが言われてるけど…」城彰二が分析したアジア杯イラン戦惨敗の根本原因

 アジアカップ・イラン戦の衝撃的な敗戦について、元日本代表の城彰二氏が自身のYouTubeチャンネルで敗退の理由を分析している。

 大会を通じての森保ジャパンの問題点を城氏は、

「個の力はある。ただ、俺が前から言ってるように、連動性や2人3人のコンビネーションが戦術的にもシステム的にも見えてこない」

 と、連携力に欠けていたと指摘。さらにこう続けた。

「森保ジャパンは発足時から個の能力に頼っているし、そういう戦術をしている。連携力を今後積み重ねていかないと難しくなる」

 その上で、イラン戦ではもう1つ問題点があったそうで、

「ベースが負けていた。相手よりも強度を高く走れる、強度を高くコンタクトする点で圧倒的に負けてた。ハードワークできなかったら無理だよ」

 と、激しく戦えなかったことを挙げた。

 イラン戦はDFの板倉滉のミスや、カードをもらった板倉を下げなかった森保采配にも批判が集まっているが、城氏はこれを一蹴。

「板倉のミスが言われているけど、それ以前に一気に体力が落ちてしまったし、それを回避できなかったのは選手がいけないと思う。監督を批判する前に選手が悪い」

 しかし、森保采配にはこう注文をつけた。

「森保さんのツケがまわってきたのかなって気がする。戦い方に決まり事を作るべき。練習の内容を見ていると、グルーピングで何かやることがあんまりない。タイミングを合わせることもない。1回リセットして名波さんや斎藤さんとかコーチ陣も踏まえて考えていかないと難しい」

 城氏が最初に指摘した連携力を高めるためにも、戦い方をリセットすることが必要だと訴えた。

 次はアジアカップよりも負けられないW杯2次予選が控えているが、城氏の提言を受け入れて戦い方を一新することができるだろうか。森保監督の手腕が問われることになりそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感
5
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング