芸能

ライバル美女 百花繚乱「春の陣」〈20代トップ女優対決〉広瀬すずVS川口春奈

 20代を代表する女優の広瀬すず(25)と川口春奈(29)の頂上対決。

 2月10日には、すずが自身のインスタグラムのストーリーに、誕生日を迎えた川口とのツーショットを投稿。川口も自身のインスタで応戦し、奇跡のコラボによる〝ベタベタ密着〟ぶりが話題になった。

「共演したのは、13年の映画『謝罪の王様』(東宝)だけ。お互いちょい役でしたが、今では飲み友になり、少し前からすずの通うキックボクシングのジムで川口も練習しています」(芸能プロ関係者)

 20代トップ女優の明暗を分けたのは、くしくも13年のことだった。すずが本格女優デビューしたこの年、川口はドラマ「夫のカノジョ」(TBS系)で主演に抜擢。だが、視聴率は3%台に沈み、途中打ち切り。

「低視聴率女優と揶揄され、傷心ぶりが心配されました」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな矢先、すずは15年の映画「海街dialy」(東宝/ギャガ)や「怒り」(16年、東宝)の熱演で頭角を現した。

 年下に〝主役〟の座を奪われ、ガケっぷちの川口はファイトスタイルを変えて勝負に出る。

 同じく解説を務める芸能ジャーナリストの佐々木博之氏はこう話す。

「沢尻エリカ(37)の代役で、20年の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で織田信長の正室・帰蝶役で出演しました。初の時代劇にもかかわらず、見事にマッチして全国区に。その後も主演にこだわらず、幅広い役で存在感を強めました」

 激しい乱打戦で今度はすずのダメージが蓄積する。

 21年のドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)や昨年の「夕暮れに、手をつなぐ」(TBS系)の評判がイマイチだったのだ。すずを知る映画関係者が明かす。

「映画が主戦場のすずだけに、ドラマに出れば数字(視聴率)ばかりクローズアップされ、嫌気がさしているとか。しばらくは〝ドラマ封印説〟が出ています」

 マスコミの間では、お互いの「ゴールイン」も注目されていた。

「すずは俳優の山﨑賢人(29)と半同棲中で、オフには会員制のボルダリングジムに、2人でお忍びで通っているようです。一方、川口も格闘家の矢地祐介(33)との交際が順調で、週刊誌にマークされてもお構いなし。事務所も放任主義で、年内に入籍ともっぱらです」(芸能記者)

 死闘を制した川口に軍配が上がったが、この先も「名勝負数え歌」は続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道