スポーツ

巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応

 大団円で打ち上げた巨人の宮崎キャンプ。戦力の拡充をうかがわせ、今季こそペナント奪回だとG党たちは確信を深めている。ところが、かの地でアサ芸が目撃した〝新指揮官〟はなぜか浮かぬ表情ばかりで‥‥。

 2月10日夕刻、「ひなたサンマリンスタジアム宮崎」の出入り口には、大勢のファンが詰めかけた。翌日に紅白戦を控え、高鳴る気持ちを抑えきれないファンがお目当ての選手の出待ちをしていたのだ。その中には子供も多く、「サインください!」と可愛らしい声を上げると、選手も顔をほころばせて応じていた。少年たちに夢を与えるのも、プロ野球選手の大事な仕事である。

 取材を忘れて微笑ましい光景を眺めていたのだが、阿部慎之助監督(44)には我が目を疑ってしまった。あらかじめ書いておいた自筆のサイン色紙を配るのは、時間短縮のため仕方ない。それにしたって、その「塩対応」は何とかならないものか。まるで群衆に親の仇でも見つけたかのようで、色紙を受け取る側が困惑する仏頂面。相手が子供ならトラウマになりかねないほどだ。色紙を配り終えたら愛想もなくさっさと移動車へと乗り込んでしまった。

 そして数十分後、阿部監督の不機嫌ぶりは、ひとりの男の存在によって、より際立つことに‥‥。そう、臨時コーチとして参加していた松井秀喜氏(49)だ。

 松井氏が宮崎キャンプを訪れるのは6年ぶりだけに、ファンも待ち望んでいたのだろう。帰路につく松井氏に老若男女が殺到し、サインをおねだり。即席サイン会を開催したのだ。

 もちろん松井氏はイヤな顔ひとつ見せない。疲れていただろうに‥‥。何せこの日は昼間からファンイベントに引っ張りだこで、出身地である石川を襲った能登半島地震へのチャリティー活動を展開。ファン1000人以上が集まり、列をなして募金をすれば、ひとりひとりとハイタッチを交わす。実は、記者も現役時代の松井氏に胸を焦がしたクチで、ちゃっかり募金の列に並んでしまった。

 金額の多寡は問わずハイタッチできるというのに、次々と紙幣が投じられていくのにつられて、つい5000円札を募金箱へ投げ込んでしまった。おかげで昼メシを抜いたが、満面の笑みの松井氏と交わしたハイタッチは、まるでホームラン後にベンチで迎え入れた場面のようでプライスレス、微塵も後悔はない。

 まさに、好対照な2人を目の当たりにしたのだった。ファンから「松井とは真逆だな」との声が上がるのも無理はない。阿部監督もファンの前では松井氏のように振る舞うべきではないか。いや、単に虫の居どころが悪かっただけなのか?

「クローザー候補の大勢(24)が右ふくらはぎ痛でキャンプイン早々に離脱、さらに即戦力と見込んでいた昨秋ドラフト2位の森田駿哉(27)も左ヒジの炎症で故障班入り。シーズン前から〝投壊〟の兆候が表れているだけに、阿部監督も心中穏やかではいられないようです」(巨人担当記者)

 春季キャンプのキャッチフレーズは「笑う阿部には福来る」。悪い冗談のように思えてならない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」