芸能

ライバル美女 百花繚乱「春の陣」〈人気ジリ貧対決〉本田翼VS永野芽郁

 まさかの「人気ジリ貧対決」で顔を合わせたのは、永野芽郁(24)と本田翼(31)である。

 低迷するフジテレビの月9の救世主として期待された永野だったが、放送中の「君が心をくれたから」は、世帯平均視聴率が5%台に突入し、月9ワースト記録更新も目前に迫っていた。

 五感をすべて失う代わりに愛する男性の命を助けるという過酷な内容のファンタジーラブストーリーについて、芸能ジャーナリストの佐々木博之氏はこう指摘する。

「月曜から暗すぎるドラマは見たくないですよね。Tverのお気に入り登録者数は107万人を超えているので、脚本の内容と時間帯がうまくかみ合わなかったのかもしれません」

 それでも、主演となれば数字は気になるもので、落ち込んでいる永野に事務所側のセコンドは、「今は視聴率はそんなに出ない時代だからと慰めています」(芸能記者)と、ひたすら防戦一方だ。

 対する本田は、昨年1月に放送された冬ドラマ「6秒間の軌跡」(テレビ朝日系)、映画は22年4月公開の「劇場版ラジエーションハウス」(東宝)以降、女優業から遠ざかっていた。

「20代の頃は各局のドラマ班のオヤジスタッフが本田にメロメロで、彼女をいかに美しく撮影できるか、競い合っていた。しかし、いくら出演を重ねてもセリフは棒読みで、今では大根役者の烙印を押されている。致命的なのは泣きの演技ができないこと。さすがに30代はかわいいだけでは難しく、役者のオファーは減っているそうです」(ドラマ関係者)

 背水の陣の中、永野は5月に映画「からかい上手の高木さん」(東宝)に出演。

「演技力を磨くため、舞台に挑戦しようと意欲的で、スケジュールを調整しているそうです」(芸能プロ関係者)

 武者修行に出る永野に必殺パンチ誕生かと思いきや、本田が起死回生の一手を繰り出す。

「今までより時間に余裕ができたのか、肉体改造にハマっています。ファッション誌でも『おっぱいを大きくするのは限界があるけど、お尻は育てられる』と公言し、今、本田史上最高の美尻なんです」(前出・芸能記者)

 ここでバッサー得意のオヤジを骨抜きクロスカウンターが炸裂! 見事に本田が大逆転勝利となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから