芸能

ありえない!「バス旅のプロ」太川陽介が晒した「敗北一直線の大失態」2連発

 元祖「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が復活し、今後ますますの活躍が期待される太川陽介だが、もはや限界がきているのかもしれない。

 2月28日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦 第14弾」で、ありえない行動を連発したのだ。

 青森県十和田市から七戸町と東北町を通って、野辺地町まで行けることを知っていた太川は、このルートを選択。ところが途中の五戸町で、大きなミスを犯してしまう。

 五戸町のチェックポイント近くのバス停に着いたのは、午前11時45分。次のバスの時間を確認すると11時50分で、その次は3時間後の14時46分だった。通常であれば五戸町のチェックポイントを諦めて5分後のバスに乗り、先に進むのだが、太川はなんと3時間後のバスを選択した。

 3時間も待つことを納得した上での決定かと思われたが、太川は「3時間あるの? 違うよ、2時間。えっ、3時間? 3時間はあまりにももったいない」と言って頭を抱える始末。待ち時間を1時間も勘違いする大失態である。

 これが原因で、太川が提案した肝いりのルートを捨てることに。13時19分のバスで逆戻りするしかなかった。

 こうして向かったのは、階上町の道の駅。ミッションは海鮮ラーメンを食べることだ。向かうバスの中でチームメンバーのチャン・カワイから、お店はやっているのかと心配する声が出たが、太川は「大丈夫。午後4時半までだったらやってる」とこれまでの経験から、営業していると判断した。

 ところが、である。なんと、15時半で閉店。到着したのは15時55分なのでラーメンは食べられず、ミッションをクリアできなかった。判断ミスの2連発である。

 結局、勝敗はというと、9-8で河合郁人チームの勝利。3時間待ちを選んでいなければ太川チームは得点を伸ばし、少なくとも引き分けに持ち込むことはできたはずだ。2つのチョンボが勝敗を分ける、痛恨の結果となった。

 こんな状態で、太川は今後もバス旅を続けられるのか。テレビ誌記者は、最近の太川の調子について、

「ロケ日が土曜日なのに、平日の時刻表を見ていたことがありました。逆方向の時刻表をチェックしたこともあります。次のバスまで18分待ちなのに、なぜか1時間以上あると思い込み、あわや乗り遅れそうになったことも。太川はバス旅に慣れていますが、相手の河合や松本利夫はそうではないので、これぐらいのハンデがあった方が、戦いが拮抗して面白くなる。いいんじゃないでしょうか」

 太川が「バス旅のプロ」を返上することはあっても、その姿を見ることはまだまだできそうである。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」