芸能

都はるみ「引退⇒復帰⇒活動停止」そして矢崎滋と東北ビジネスホテル暮らし/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「デビュー20周年の今年で『けじめ』をつけ(本名の)北村春美に戻ることにしました」

 かねてから「普通のおばさんになりたい」と公言していた都はるみが、東京・赤坂のコロムビアレコードで記者会見に臨み、年内での歌手引退を宣言。それが1984年3月5日だった。

 そしてその年の12月31日、最後のステージであるNHK紅白歌合戦に出演。引退アナウンスの「相乗効果」もあり、同年の紅白は歴代4位となる視聴率78.1%を記録。しかも、彼女が登場したシーンはなんと84.4%という、とてつもない数字を叩き出したのである。

 その後、彼女は恋人の中村一好氏とともに、(株)プロデュースハウス都を設立。大和さくらやキム・ヨンジャをプロデュースする一方、テレビ朝日「サンデープロジェクト」などの制作に携わってきた。

 だが、長年スポットライトを浴び続けてきた歌手がいきなり裏方に回ることには、相当の決意と覚悟がいるものだ。そして周りが放っておくはずもない。

 自然の流れというべきか、再び「紅白」の舞台に「特別ゲスト」として立ったのが、5年後の1989年12月31日である。

 この年は紅白が始まってちょうど40年という節目。NHKは1部、2部制を敷き、1部の目玉として都を引っ張り出した。その1部の視聴率は38.5%にとどまったものの、彼女が出演時の瞬間視聴率は53.1%を記録。低迷する紅白に、瞬間的とはいえ「神風」を吹かせたことは間違いない。

 だが、さすがに5年ぶりのカムバックとあって、ステージ上では緊張でガチガチ。「普通のおばさん」に戻ったのかと思いきや、NHKスタッフを取材すると、

「本人いわく『アンコ椿は恋の花』の1コーラス目でマイクを落としそうなり、落とさないようにグッと握っていたため、歌い終わった時には左手の親指が動かなくなったのだと。よく映画なんかであるでしょ、拳銃を握った指が離れなくて、1本ずつ指をはがすシーンが。まさにあんな感じだったみたいでね。ただ、歌の迫力は引退前となんら変わらぬ素晴らしいものだった。文字通り、はるみ節健在といったところでしたよ」

 翌1990年には歌手活動の完全復帰を発表。その後は精力的に歌ってきた。ところが2008年4月、公私にわたるパートナーだった中村氏が、突然の死去。個人事務所を畳み、古巣のサンミュージックに戻ることになった。

 とはいえ、心の中にぽっかりとできた穴は、なかなか埋まらなかったのだろうか。8年間の活動を経て2016年、ラジオ出演を最後に、表舞台から姿を消すことになる。

 そんな彼女が東北にあるビジネスホテルでの、元俳優の矢崎滋との同棲現場を「フライデー」されたのが2021年。あの引退記者会見から実に37年である。ポッカリと空いた心の穴を埋めてくれる男性と出会った彼女は、ようやく念願だった普通のおばさんになれたのかもしれない。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し