スポーツ

松井秀喜超え176号の大谷翔平「新たな火ダネ」は「ハワイに建てる別荘豪邸」に群がる人々

 これも通過点にすぎないのだが、ドジャース・大谷翔平が記録を塗り替えた。4月21日のメッツ戦に2番・DHで先発出場すると、3回にメジャー通算176本目をライトスタンドに放り込んだ。これで松井秀喜氏の175本を抜いて、日本人歴代トップに立った。

 得点圏打率の低さこそ指摘されているものの、この日は3打数2安打2打点で、打率は3割6分8厘。両リーグを通じて打率トップで、メジャー移籍7年目にして初の首位打者となった。

 3月20日、今季開幕戦の夜に元通訳・水原一平容疑者の裏切りが発覚。精神的ショックから立ち直ったかに見えるが、そんな大谷に新たな火ダネが。大谷がハワイ島に購入したとされる、別荘豪邸建設予定地だ。

 大谷が豪邸を建てること自体には、何の問題もない。気になるのは、大谷の周辺情報がちょいちょい漏れてくることだ。大谷はハワイ島にウインターハウスを建てると発表し、契約した高級リゾート不動産会社のプロモーション動画にも登場している。

「僕はハワイが大好きです。僕にとってハワイは太平洋の文化が美しく交わる特別な場所です」

 そんな大谷の語りとともに、美しいハワイ島の海岸や丘陵地帯が映し出される。

 今回売りに出されたのは丘陵地に広がる14区画で、大谷選手はこの中の1区画を選択。1区画の面積はおよそ1700坪で、テニスコート21面に相当する。購入価格は明かされていないもの、他の13区画は土地・建物合わせ、日本円で約26億円から34億円で販売されると、ポロポロ情報が漏れてくる。

 他の同区画の別荘が「建売」なら、区画の中で最も目を引く豪邸が大谷の邸宅だと、身バレ住所バレしたも同然だ。

 それだけではない。不動産会社は日本メディアの取材に「奥さんは一緒ではなかった」などと、ちょいちょい明かしている。ハワイらしい大らかさと言ってしまえばそれまでだが、あまりにアッサリと情報を漏らしているのが、見ていて危なっかしい。

 大谷に近い水原容疑者に違法カジノ胴元が近づいたように、大谷ファミリーに近づきたい闇社会の人間が、同区画の購入を計画するかもしれない。

 さらに海を一望できるロケーションというのは、裏を返せば海上からパパラッチが容易に狙えるロケーションでもある。

 豪邸から自然が残るハワイ島のビーチまで続く一本道は、猥雑で人の多いオアフ島のリゾート地と違って、大谷と家族が待ち伏せされやすい。将来、大谷夫妻に子供が生まれたら、あるいは愛犬デコピンを身代金目的で誘拐する輩が出てくるとは限らない。

 事実、水原容疑者は「取立人からの電話で、大谷の自宅から出てくる愛犬デコピンの散歩の様子を逐一報告されて、恐怖を覚えた」と供述している。

 そんな水原容疑者の数十億円送金事件直後にしては、大谷はワキが甘すぎやしないか。海外セレブは居場所を突き止められないよう、複数のウインターハウス、別荘を持つのが常。余計なお世話ながら、大谷もハワイ島の他に、メディアに嗅ぎつけられていない安住の地を購入しているのならいいが。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意