政治

「中国ビジネス」「コオロギ食」自ら反論を展開した「河野太郎に関するFAQ」の中身

 河野太郎デジタル担当相が自身の公式サイトで〈河野太郎に関するFAQ〉を出している。FAQとは「Frequently Asked Questions」の略で、「よくある質問」のことだ。では、順に見ていこう。

 最初の質問は〈河野太郎は『親中』『媚中』なのですか?〉である。これに対して、河野氏は次のように反論。

〈2021年の総裁選挙をきっかけにネット上に流された悪意あるデマにすぎません。安倍晋三内閣の外務大臣、防衛大臣として、中国の軍事拡大、一帯一路を通じた債務のワナの拡大に警鐘を鳴らし、「自由で開かれたインド太平洋構想」を実現するための日米同盟の深化、日米豪印からなるQUADの拡充に心血を注ぎました〉

 この質問が広がったのは、親族が経営している日本端子が中国企業と合弁会社を設立するなど、中国でビジネスを展開しているためだった。河野氏は〈親族が経営している日本端子が中国製の太陽光パネルで儲けているのではないか?〉との質問に、

〈日本端子は、端子・コネクタメーカーであり、国内外で太陽光パネルの製造をしたことはありません〉

 きっちりと否定している。

〈コオロギ食を推進しているというのは本当ですか?〉にはどう答えたか。

〈事実ではありません。徳島県に出張した際に、地元のスタートアップ企業の活動の視察の一環で、養殖しているコオロギの加工食品を試食したことが一度あるだけです(コオロギがメインの視察ではありません)〉

 このように16項目にわたり、ネット上で流れている言説を否定した河野氏。そして注目すべきは、

〈もう少し丁寧に申し上げるべきでした〉

〈私も発言のしかたについては、今後、気を付けていきます〉

 などと、珍しく自身の発言に反省の弁を述べていることだ。

 河野氏は9月の自民党総裁選に再出馬するのではないかと、その動向が注視されている。そうした中での今回の「FAQ反論」だけに、自民党内からは、

「やはり出馬の意欲はあるのか」(中堅議員)

 との反応が出ている。

 ただ、これまで都合の悪い質問には「次の質問どうぞ」と木で鼻をくくった対応をしてきた河野氏だけに、問題はこうした丁寧な姿勢が長続きするかどうかだ。

(奈良原徹/政治ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意