芸能

塩地美澄「数年後には全然違う自分になっていたら」/テリー伊藤対談(4)

テリー フリーになってYouTube(「みすみちゃんねる」)も始めたよね。

塩地 はい。まだ動画2本しか上げていないんですけれど(3月27日現在)、色々好きなことをやっていければと思っています。

テリー 最初の動画って、どこで撮ってるの?

塩地 高円寺の川沿いです。あえてちょっと哀愁が漂う感じがいいかなと思って。

テリー ああ、それで夕方に撮ってるんだ?

塩地 はい。高円寺、初めて行きました。しかもスウェットを着て。これもあえてクオリティが低い感じを出したくて、友達に撮ってもらいました。

テリー 全体的にチープな感じにしたかったんだね。

塩地 そうですね。1本目は全然お金かかっていないです。でも、2本目はちゃんとテレビ関係の知り合いにお願いして撮影してもらいました。場所を借りるのにもお金がかかりましたし、スタッフさんもお願いしたので、制作費メチャクチャかかっています(苦笑)。

テリー 何か他のSNSとかもやってるの?

塩地 Xとインスタ、あとTikTokをやっています。

テリー 俺、TikTokってよくわかってないんだけど、何ができるの?

塩地 TikTokはショート動画で。あとライブ配信ができたりもします。

テリー ちょっと見てもいい?(とスマホでTikTo kを見始める)。ああ、俺はYouTubeの方が好きかもしれないな。

塩地 あ、ほんとですか。

テリー うん。TikTokの動画は加工してるでしょう。

塩地 そうなんです。最初から設定で加工されちゃうというか。

テリー だから、YouTubeの方が素顔の塩地さんが出てて断然いいよね。

塩地 よかった。じゃあYouTube頑張ろう(笑)。

テリー YouTubeで今後こんなことをやっていきたいとか、何かアイデアはあるの?

塩地 自分の好きなことを自分のペースでゆるりとやっていきたいっていうことは思っているんですけれど、具体的にはまだ悩んでいて。実は「うちでプロデュースするよ」って言ってくださる方もいますし、あとはせっかく開設したからには登録者数を伸ばしていきたいっていうのもあるんですよ。

テリー それはそうだね。

塩地 そうなると、例えば有名なユーチューバーの方とコラボできるといいなとも思っていますし、どこまで力を入れてやっていくかっていうのもちょっと悩んでいたりとか。それこそYouTubeを本気でやるなら、もっとプライベートも出していった方がいいと思うので、どこまでやればいいかなっていうのは、まだ決めかねている感じですね。

テリー プライベートはあんまり切り売りしない方がいいと思うけどね。俺もそうだけど、芸能人って言ったって、大したプライベートなんかないじゃない。

塩地 はい。実はそうです(笑)。

テリー 今日こんなモノ買ったとか、こんなモノ食ったとか言ったって、見ている人がどのぐらい興味あるのかわからないし。それより塩地さんしか発信できないことを発信していった方がいいと思うけどね。例えば、アナウンサーの発音の練習の仕方とかキレイな写真の撮られ方とかさ。わかんないけど。

塩地 そうですね。せっかくフリーランスになったので、今までにやってこなかったようなことをやっていきたいですね。今はまだ想像もしていないような人やお仕事に出会っていきたいと思いますし。数年後には全然違う自分になっていたらと思います。

◆テリーからひと言

 彼女に会ったのは確か3回目だけど、色々吹っ切れたのか今回が一番よかったな。YouTube、呼んでくれればいつでも遊びに行きますよ。

ゲスト:塩地美澄(しおち・みすみ)1982年、北海道生まれ。大学卒業後、「秋田朝日放送」入社。「スーパーJチャンネルあきた」などのニュース・情報番組を中心にバラエティーでも活躍。2014年、退社。その後、芸能生活を始め、2015年、グラビアデビュー。Gカップのバストと抜群のプロポーションで数々のグラビアに登場。2016年、初の写真集「みすみ」(ワニブックス)発売。以降、6冊の写真集と13枚のイメージDVDを発売。所属事務所を退所し、2024年4月よりフリーランスで活動中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意