芸能

塩地美澄「刺激をくれる人は全員面白い」/テリー伊藤対談(3)

テリー それは、あえて彼氏を作らなかったっていうこと?

塩地 そうですね。あんまり出会いもなかったですし。

テリー ふーん。

塩地 でも、フリーランスになってからお仕事もゼロになって、何となく自分の中で「あ、いい出会いをして結婚するかもな」っていう勝手な気配が。

テリー してきた? これからの自分の人生にはパートナーが必要だなと。

塩地 はい。今までは自分の人生を生きてきてしまったので、結婚という意識もまったくなかったんですけれど、子供も欲しいので、「自分より子供のために」っていうふうに思えるようになって。なので、自分の適齢期はまさにこれからっていう感じがしています。

テリー そうすると、まず出会いが必要だよね。

塩地 そうですよね。自然の流れの中で出会えたらいいんですけれど。

テリー いや、そんなうまい話はないな。幸せは寝てたって来ないんだから、自分から摑みにいかないと。

塩地 いやぁ、自分からいけるタイプじゃないんですよ。だから、ダメだったと思うんですけれど。

テリー 何で? いけばいいじゃない。塩地さんに言い寄られて断る男なんていないでしょう。

塩地 でも、今も自信がなくて、いい方を目の前にしても自分から連絡するとかっていうのは、すごい苦手なんです。

テリー この写真集を見せてやればいいよ。

塩地 これを名刺代わりにっていうことですか?

テリー そう。目の前でこういうポーズしてくれるんでしょう?

塩地 こういう写真に食いついてきてくださる男性って、いい出会いですか?

テリー いい出会いだよ。だってさ、例えば野球選手を好きになるのって、グラウンドで野球をやってる時じゃない。

塩地 野球選手は格好いいかもしれないですけれど。

テリー 同じじゃない? だって、塩地さんはグラビアを頑張って、グラビアで輝いてるわけでしょう? それを見て「素敵だな」と思うのは、野球をやってる姿を見て野球選手を好きになるのと同じだと思うよ。

塩地 なるほど。

テリー 逆に「俺は塩地さんがグラビアやってるところは関係ないんだ。そうじゃないキミが好きなんだ」って言う男の方が俺はヘンだと思うけどね。

塩地 そうか、そうかもしれないですね。私、ちょっと間違っていました。どちらかというと、グラビアでこういう写真を出していますっていうのは隠したかったんです。相手がどう思うのか不安だったので。でも、私のグラビアが好きっていう方を探せばいいんですね。

テリー と思うけど。

塩地 メチャクチャいい対談(笑)。ありがとうございます、いいお言葉をいただいて。早くお聞きしたかったです。

テリー 相手に求める条件は何かあるんですか。

塩地 それがないんですよ。でも、とにかく私のことを大好きでいてくれる人がいいです。それこそ私の仕事に対する姿勢とかを認めてくれる人。そこは大事です。

テリー 性格とかは?

塩地 面白い方が。

テリー それ、女性はよく言うけど、「面白い」って何なの?

塩地 自分と違えば全員面白いんです。生き方とか考え方とか、基本みんな違うので。刺激をくれる方は、私からしたら全員面白いです。

テリー なるほどね、そういうことか。塩地さんはお付き合いすると、どういう女性になるの?

塩地 基本は尽くすタイプだと思います。でも、男性は狩猟本能があるから、尽くすタイプは飽きられるのも早いみたいなことをよく聞くので、恋愛においてはあんまりよくないのかもって最近思っています。

ゲスト:塩地美澄(しおち・みすみ)1982年、北海道生まれ。大学卒業後、「秋田朝日放送」入社。「スーパーJチャンネルあきた」などのニュース・情報番組を中心にバラエティーでも活躍。2014年、退社。その後、芸能生活を始め、2015年、グラビアデビュー。Gカップのバストと抜群のプロポーションで数々のグラビアに登場。2016年、初の写真集「みすみ」(ワニブックス)発売。以降、6冊の写真集と13枚のイメージDVDを発売。所属事務所を退所し、2024年4月よりフリーランスで活動中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意