スポーツ

またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法

 ついに「その瞬間」は訪れた。

 ドジャースの大谷翔平は4月21日(日本時間22日)に本拠地ドジャースタジアムで行われたメッツ戦の3回、待望の「ゴジラ超え」を成し遂げたのだ。

 今季第5号となる2ランホームランは、メジャー通算176本目。松井秀喜氏が持つ日本人最多本塁打記録を塗り替えたのだ。

 ライトスタンド中段まで届いた一発に、大谷はゆっくりとダイヤモンドを回り始め、達成感を噛みしめるような表情で一周。ベンチではチームメイトがひまわりの種を浴びせて祝福した。

 松井氏の記録に並んでから7試合、本塁打なし。その間、大谷に打席が回ってくるたびに、審判はボールをアルファベットと数字が刻印された特別なものに交換していた。これは記念球の偽物がオークションなどで取引される不正を防ぐためのもの。こうしたことも、大谷が「早く記録を達成して平常心で臨みたい」と考える理由になった。

 事実、大谷は「早く打ちたいと思いつつ、今日打てたので安心と喜びがある」とコメントしている。

 ところで、記念すべきホームランボールはどうなったのか。運よくキャッチしたのは、この日が人生初の野球観戦だったという40代の男性。球場警備員と別の場所に移動した男性は、大谷のサインボールとの交換を提案され、記念球はアメリカ野球殿堂博物館に展示したい旨を説明されたという。これに男性は「ボールはキープしたい」と、自信の手元に置く意思を示したのだ。

 大谷の記念球をめぐっては、以前、ちょっとした騒動が起きた。ドジャース移籍後第1号のボールをゲットした女性ファンと球団の間でトラブルが発生し、女性は失望の思いを明かしたのだ(後に和解)。ドジャースは記念球をゲットしたファンへの対応を考え直す意向を示していた。

 第1号の時は「記念球を渡さないのであれば、ボールが本物であるという認証はしない」と、球団は女性ファンを半ば脅すような形で記念球を強制返却させたが、今回はボールを返されなくても認証はするという。

 男性は「ボールに大谷がサインしてくれたら、このボールの価値はもっと上がる」などとコメント。これに対し「記念球が売却されるのでは」と、ファンはやきもきしているようだ。

 大谷の記念球は、過去に億単位の値段が付いたことがあったという。

「こないだはちょっと(球団とファンの間で)食い違いがあったらしかったので、話を聞いてみてかなとは思います」

 大谷はそうコメントしているが、最終的に176号球は誰の手に渡るのだろうか。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意
2
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
3
タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに
4
氷川きよし「暴行セクハラと恐喝」ドロ沼大騒動の決着点/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
サッカー元日本代表FWを拒絶した「鹿島アントラーズ」スカウトの見る目のなさ