スポーツ

巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言【2024年4月BEST】

 プロ野球における捕手は「守備の要」「第二の監督」と称される、重要ポジションだ。打者・走者の観察力、リード、洞察力、駆け引き、キャッチング技術など、その力量が投手の善し悪しに大きく影響を与え、チームの勝敗をも左右する。新監督の下、悲願のV奪還を目指す巨人の捕手を、昨年まで現場でつぶさに見ていた元コーチがジャッジした。(4月21日配信)

 元巨人打撃チーフコーチの目にはどう映っているのか。野球解説者の大久保博元氏が、自身のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉で、巨人の2人の捕手、大城卓三と小林誠司のリードの特徴と大きな違いを分析した。

「小林誠司は偏らないリード。スコアラーと話し合ったものをそのまま伝えてピッチャーと連携取り合ってると、必ず偏ります。偏るのがなぜかというと、チームで決めた方針と違うリードで打たれた時は、怒られるのはキャッチャーだからです。小林誠司という人間は腹を括ってるから、自分が思った通りのリードをするんで、相手からするとサッパリわからなくなっちゃう。『オレ、インコース弱いからインコースに来るんなじゃいの』と(打者が)思ってるのに、パンパン外に行く。(打者は)『オレ、外得意なんだけど…』って偏らないリードができる」

 一方の大城は素直な性格ゆえリードが偏ってしまう、というのが大久保氏の見解だった。

 昨シーズンの出場がわずか21試合だった小林は今季、16試合消化時点で、すでに5試合でマスクを被っている。

 大城は4月13日の広島戦でスタメンを外されながらも、同点の延長12回一死二塁の場面で、代打として打席に立った。そしてサヨナラ安打を放っている。

 この試合後、阿部慎之助監督は、

「岸田、小林のキャッチャーとしての振る舞いを勉強してほしい。見て、どう感じて、本人がやるだけ」

 とスタメン外しの理由を語るも、代打サヨナラ打には、

「まだまだいいキャッチャーになれると思う。期待しています」

 阿部監督の期待に応えられるよう、バッティングだけでなく、リード面においても、大城の腹の括りに期待したい。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」