スポーツ

不倫相手の妻から「係争案件にする」と迫られた/プロ野球「選手食いオンナ記者」あの手この手~番外編(2)

 魑魅魍魎がはびこるプロ野球界で、特に男女関係には球団が目を光らせているのが実情だ。かつて現役選手との不倫関係が発覚し、清算するために会社を去った番記者の亜佐美(仮名)が心境を語る。

 亜佐美は厳格な家庭に育ち、大学卒業後、プロ野球球団がある地方のテレビ局記者に採用された。

「楽しかったですよ、夢がかなって。見るもの、聞くもの全てが新鮮で。そんな時、スポーツ担当記者になって出会ったのが4歳上のピッチャー、直紀(仮名)でした。面白くて、とにかく人を笑わせるのが得意な彼。男女の関係になるのに、そんなに時間はかからなかったですね。出会いも少なかったしね。ご飯に行ったり、直紀の自宅や私の自宅で逢瀬を重ねて…」

 だが、終わりは突然やってきた。

「かつて人気の夜の蝶だった奥さんがいることは知ってたけど、バレてしまったんです。直紀は『無視しておけばいい』と気にしてなかったけど、奥さんが球団を通じて会社に苦情を申し立てて『係争案件にするけど、いいか』と迫ってきて…。事実関係を聞かれたから認めたけど、すぐさまスポーツ記者はクビに。仕事も完全に干されてしまい、直紀との関係は終わりました」

 亜佐美はそれから数年経って退職し、フリーで生計を立てた。そして最近になり、とある男性と結婚。その素性はメディアを通じて明らかになった。

「結局、スポーツ関係者を選びましたね。揶揄されても私の人生は一度きり。後悔はしたくないから。旦那さんには…過去のことは絶対に言えない。墓場まで持っていきますから。過ちは誰にでもあるけど、今は一発退場になる。足を踏み外しかけている後輩たちには、ちゃんと真っ当な道を歩きなさい、と言いたいですね。『体を張って』仕事を取っても、最後はブーメランになって自分が損するだけだから。私が言えるのはそれだけです」

 なにやら清々しい表情なのだった。(おわり)

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる