スポーツ

81歳・張本勲「懲りない無礼」を許した20歳・女子ボクシング入江聖奈の「あっぱれ」/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」

 もう慣れっこだったとはいえ、またまたこの男がブチかましてくれた。野球評論家の張本勲氏が2021年8月8日、「サンデーモーニング」(TBS系)にリモート生出演。東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈に言及し、

「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技、好きな人がいるんだ」

 この前時代的な大放言によって翌週、番組内で謝罪するハメになったのである。

 スポーツコーナー直前、司会の関口宏により「番組からお詫びをしなければなりません」と振られた唐橋ユミが、

「先週のスポーツコーナーで、張本勲さんのコメントの中で女性及びボクシング競技を蔑視したと受け取られかねない部分があり、日本ボクシング連盟より抗議文が寄せられました。不快に思われた関係者の皆様、そして視聴者の皆様、大変申し訳ございませんでした」

 この後、司会者である関口のお詫びに続いて、張本も申し訳程度に頭を下げた。

「今回は言い方を間違えて反省しています。以後、気を付けます」

 スポーツ紙記者がアキレ返る。

「張本さんは日本の野球と大相撲以外にはほとんど興味がなく、大リーグやサッカーほか、知らない競技は好きではありません。そのため、この番組でも『どこが楽しいんだ』『やっている人の気が知れないね』といった問題発言は枚挙にいとまがありません。ただ、さすがに金メダリストに対して『嫁入り前のお嬢ちゃん…』は、偏見云々の前に失礼すぎましたね。取ってつけたように『それにしても金だから、あっぱれあげてください』とコメントしたものの、当然のごとく、日本ボクシング連盟からはTBSに抗議文が届いた。TBSも文書で連盟に謝罪した上で、翌週の番組内での公開謝罪となったようです」

 ところが、一方の入江は自身のTwitterで、「東京スポーツ」から受けたインタビュー記事を引用し、「個人的な意見」としながら、こんな文章を綴ったのである。

〈自分がおばあちゃんになって孫がボクシングを始めるって言ったら「女の子なのにー」って絶対に言っちゃう〉

〈張本さんに関して特に何も思っていません〉

〈ボクシングにスポットを当ててくださったので「アッパレ!」です〉

 この時、入江20歳、張本氏は81歳。つまり、2人の年齢差は61歳もあるのだが、入江は暴言を吐いた張本氏を責めるわけでもなく、それどころか「アッパレ!」と自然体で言葉にできる。その人間性に、好感度がさらに上がったことは言うまでもない。

 そんな彼女には各テレビ局のバラエティー番組から出演依頼が殺到したが、当初からの目標だった「有終の美を飾り、大学でボクシングを卒業」を全う。目下、東京農工大学大学院で、カエルの研究に没頭しているといわれる。

 初志貫徹。そんなブレない姿勢にこそ、まさに「あっぱれ」を送りたい。

(山川敦司)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】