スポーツ

息子の一生の汚点になる!〝悪事のデパート〟水原一平が砕いた少年の夢に母親が絶句

 似たような悲劇が日本中で起きていても不思議ではない。

 銀行詐欺などの容疑で米国の連邦地裁から訴追された、MLBドジャース大谷翔平の元通訳・水原一平被告。日本時間の5月9日、水原被告は検察と司法取引が成立したと米司法省が発表したが、その新たな資料の中でさらなる悪事が発覚した。

 その悪事とは昨年9月のこと。水原被告は歯の治療費として大谷から6万ドル(約930万円)の支払いを了承されたものの、受け取った小切手を個人用に使用。なんと歯の治療費は大谷のデビットカードで支払っていたという驚きの手口だった。

「違法賭博スキャンダル発覚直後こそ、水原被告への再起エールを送る日本人は少なくありませんでした。ですが、今は皆無ですね。とにかく、出るわ出るわの悪事のオンパレード。その素顔は、まるで大谷選手に巣食う寄生虫そのものだったということ。今回も歯の治療代まで大谷選手に無心していたのかと、あきれ果てる声ばかりです。司法取引により3分の1ぐらいに減刑される可能性も高いとのことですが、一時は大谷選手から盗んだ約26億円の全額返済、懲役最大33年という派手な報道もありましたからね。もはや日本の恥と言っても過言ではない」(週刊誌ライター)

 確かに、水原被告の報道があるたびに新たな悪事が発覚していく…。実はそんな状況を半ば涙目で見つめる、S県のとある中学1年生男子の母親がいた。

「3月の小学校卒業にちなんで『将来の夢』というテーマで発表がありました。うちの息子は、自分はスポーツは苦手だけど頑張って英語を勉強して、大谷選手を支える水原一平さんのような通訳になりたいと話しました。発表すると拍手をもらい本人も喜んでいました。卒業アルバムにもそう載りましたから…。でも、その直後にあの逮捕です。もう目の前が真っ暗というか、息子の落ち込みも激しくて本当に可哀想で。今、通っている中学は地元の公立で小学校時代の知り合いも多いんです。それもあって、水原一平のようになりたいと話したことをからかわれるようですし、他の保護者でさえ、水原一平になりたかった子? みたいなことを言われると聞きました。まさか息子の夢が一生の汚点のようになってしまって、本当に悔しいんです」

 先日、大谷の成功を描いた絵本「野球しようぜ!大谷翔平ものがたり」の初版で描かれていた水原被告の人物画が、重版分からは削除されたことも話題となった。とはいえ本では消せても、将来の夢で語った水原被告の名前は消えないどころか、ずっと少年の心に傷として残ることになる。

 大谷だけでなく、もしも2人の姿に夢を見た大勢の子供たちを裏切っているとしたら、「悪事のデパート」水原被告の罪はとてつもなく大きい。

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!