社会

タイ移住で飲食店を開いたら現地の日本人に「とんでもない嫌がらせ」をされて帰国するハメに

 年間を通して温暖な気候であり、贅沢をしなければ物価は日本の3分の1程度といわれ、日本人の移住先として人気が高いタイ。増税や円安の影響で、日本からタイに進出して働く日本人は増加している。

 実はタイで飲食店を開業しながらも、わずか1年で帰国した男性がいる。いったい何があったのか。この男性によると、在住日本人同士のトラブルが原因だったというのだが…。

 2023年の情報によると、タイには7万2308人の在留邦人がいるとされ、これは世界で5番目に多い在留邦人数だ。しかしその分、日本人同士のトラブルも多いといわれている。帰国した男性が振り返る。

「タイの日本人コミュニティーはいわば村社会のようなもので、日本人の噂が広まるのは非常に早いのです。最近では裏社会の人間や、チンピラのような日本人も増えてきています。特に飲食店は彼らに目をつけられやすく、一度そうなると終わりです」

 男性が出店して半年ほど経った頃、そのトラブルは突然、降りかかった。

「自称コンサルタントの日本人が店に来たのです。最初は感じが良く、仲良くしていました。しばらくすると『この店のコンサルを任せてくれないか』と言われました。断っても何度も頼んできて、あまりにもしつこかったので、出入り禁止にしたんです。するとその日から嫌がらせが始まり、店の口コミに誹謗中傷が繰り返し書かれるようになりました」(前出・男性)

 口コミには「まずい」「食材が腐っている」などのオンパレードで、ネット上に男性のプライベート写真が貼られるなどの、悪質な嫌がらせが続いた。その結果、最初は繁盛していた店への客足は、徐々に遠のいていった。

「日本人の飲食店には基本的に在住日本人や旅行者が多く訪れるため、一度評判を下げてしまうと、もうどうにもならない。売り上げはすっかり落ち込み、家計が火の車になりました。妻と子供を養うことができなくなり、泣く泣く日本に帰国したのです」(前出・男性)

 もしこれが日本であれば警察に相談するなど、何かしらの対策を取ることができたかもしれない。しかし、ここは異国の地。助けてくれる人はいなかった。

「タイの日本人コミュニティーの複雑さを全く調べずに進出してしまい、その結果、トラブルに巻き込まれてしまった」

 と男性は悔やむ。

 海外でトラブルが起きた場合、解決するのは難しいことが多い。海外で働きたいと考える日本人は多いかもしれないが、しっかりとした下調べや現地での人間関係構築などの準備が必要だろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し