芸能

King&Prince永瀬廉「休養」でわかった…幹部が東山紀之と井ノ原快彦に代わっても繰り返される「タレント潰し」

 King&Princeの永瀬廉が、耳のケガのため芸能活動を一時休業することが明らかになった。永瀬は昨年から8キロの激ヤセ、舞台上で大量の汗が流れるなど、体調不良が指摘されていた。

 休業の原因となった耳のケガについて、本人は「あんま覚えていない」とコメント。どうやらSTARTO ENTERTAINMENT社が発表しているような「2週間ほどの療法」で済む病状ではなさそうなのだ。

 元ジャニーズ事務所の所属タレントが耳の不調を訴えたのは、これが初めてではない。2017年にKinKi Kidsの堂本剛が、ストレスが原因とみられる突発性難聴を発症。今年2月のエンタメ誌インタビューで、「主治医から(聴力は)戻らないと言われた」と激白している。

 Hey!Say!JUMPの八乙女光も2021年12月に突発性難聴を発症、無期限の活動停止に入っていた(2022年11月に芸能活動に復帰)。永瀬にも現在、突発性難聴やメニエール病など、耳の病気に伴う「めまい」や「聞こえづらさ」「耳鳴り」の症状があるそうで、King&Princeの分裂騒動後、ストレスから突発性難聴になったのではないかと、ファンの間で心配する声が上がっていた。

 そこで問題となるのが、旧ジャニーズ事務所所属タレントのマネージメント業務を行うSTARTO ENTERTAINMENT社の労使問題だ。

 2023年5月に平野紫耀、岸優太、神宮寺勇太がKing&Princeを脱退。2人体制になった後に相棒の高橋海人に熱愛報道が出て、永瀬の心労がピークに達していたことは、ファンでなくても想像がつく。

 熱愛報道後、Instagramが炎上した高橋を代弁するように、SNSは使わないと公言していた永瀬が公式Instagramを立ち上げていた。めまいや耳鳴りを抱える永瀬にとって、顔を下に向けてスマートフォンやタブレットの操作をする体勢を取り続けるのはキツい。人知れず身体的負担と苦痛を強いられていたことだろう。

 King&Princeの分裂は、2021年に脱退した岩橋玄樹を含めた、メンバー6人のせいではない。グループの方向性をまとめられなかった旧ジャニーズ事務所の、同族経営企業ならではのパワハラ体質とマネージメント能力の欠如が遠因だ。

 さらに旧ジャニーズ事務所所属タレントは昨年、性加害問題の渦中にいた。本人あるいはレッスン仲間、メンバーがジャニー喜多川氏による性被害に遭っているやもしれず、自身の芸能活動の先行きが見えない過酷な環境に置かれていた。

 まして元マネージャーが性加害者だったとBBCに報道された東山紀之はなおも、旧ジャニーズ事務所の系列会社SMILE-UP社のトップに君臨したまま。性被害者や近しい人たちにとっては、自分の生活圏、仕事場に性犯罪者を想起させる人物がいるというのは、最悪の環境だ。幼少期に受けた性被害のフラッシュバックやPTSD(心的外傷後ストレス障害)を起こしかねない。性犯罪の被害者だけでなく、家族や友人、性被害を見聞きした人でも強い精神的ショックを受け、PTSDを発症することがある。

 性犯罪者に近しい人間が幹部を務めるなんて、ありえないこと。会社名、組織は変わっても、所属タレントを潰す旧ジャニーズ事務所の悪しき体質に、変わりはないのだろう。

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】