スポーツ

これじゃ起爆剤どころか消火剤…阪神の「なんでもかんでも振る男」佐藤輝明はもういらん!

 やはり、今年の阪神は「打てない」チームだった。

 西武を3タテしたことでファンの期待が大いに高まった6月11日からの対オリックス3連戦だったが、このままでは最悪の結果となりそうだ。

 6月11日に行われた初戦は、オリックス先発の曽谷龍平に6回7安打を浴びせながらもあと1本が出ず、それどころか12個の三振を奪われての完封負け。12日の第2戦は、先発の大竹耕太郎が4回に集中打を浴びて3点を先制されると、打線はエスピノーザに6回途中まで「あわや完全試合」の投球をされる展開に。結局は、4-0で2試合連続の完封負けという惨状となった。

 これが昨年、日本シリーズを争った「関西ダービー」なのかと、ファンのため息が止まらないのだ。在阪スポーツ紙デスクが話す。

「西武戦で打撃状態が少し持ち直した感はあったのですが、あっという間に『貧打の虎』に逆戻りですね。特に、佐藤輝明の不調ぶりが際立っています」

 西武3連戦前に急遽1軍復帰した佐藤は、初戦こそ2安打で勝利に貢献したが、翌日からは凡打の山。チャンスでの凡退が目立ち、明らかなボール球を空振りして敵バッテリーを助ける場面がやたらと目立つ。復帰後5試合で、19打数3安打で打率1割5分8厘。ホームランも打点もゼロという体たらくが何よりの証拠だ。

 85年の阪神初の日本一に貢献した野球解説者の中田良弘氏は、佐藤について「何でもかんでも打ってやろうというふうに見え、見逃せばボールなのに自分でカウントを悪くしている」と問題点を指摘し、「この打席は膝から下のボールには手を出さない」「ストレート以外はスイングしない」など、テーマを持って打席に入ることを強く勧めている。

 だが、前出のスポーツ紙デスクは「佐藤外し」こそが必要だと力説する。

「大山やノイジーが2軍降格している今、『起爆剤になってほしい』と岡田彰布監督も期待しています。ですが、起爆剤どころか消火剤になってしまっている。ここにきて、サードは糸原健斗、DHで豊田寛を使うべきという声が周囲から聞こえまね。まずが、佐藤を先発から外す策が必要ではないでしょうか」

 14日からは、パ・リーグ首位ソフトバンクとのビジター3連戦が待っている。万が一、オリックス戦からの連敗がソフトバンク戦までズルズル続けば、借金生活からのリーグ戦再開となる。岡田監督の決断や、いかに。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】