芸能

【教養なし】新曲「コロンブス」類人猿登場でMrs.GREEN APPLE全面謝罪!ASKA「しゃかりきコロンブス」との決定的な違い

 3人組バンドMrs.GREEN APPLEの新曲「コロンブス」のミュージックビデオが、波紋を広げている。6月14日放送予定の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)は急遽、演奏楽曲を差し替え。同曲を使ったコカ・コーラ社のCMも、放送中止の事態になっている。

 それも当然のことだろう。ミュージックビデオの内容は、大航海時代のコロンブスのごとき衣装のメンバーが猿に乗馬やピアノを教えたり、人力車を引かせるというもの。世界史でスペインによるアメリカ大陸原住民の虐殺行為を学んだ、人並みの教養と一般常識を持ち併せている者なら、20秒も正視できない。公開された6月12日の深夜には、SNSの批判コメントですでに大炎上していた。

 ところが翌13日、民放テレビ各局は「THE TIME,」(TBS系)、「ZIP!」(日本テレビ系)、「めざましテレビ」「ノンストップ!」(フジテレビ系)、「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)などで、問題のミュージックビデオをそのまま流した。ドジャース・大谷翔平の個人情報漏洩や「セクシー田中さん」原作者の急死をめぐる対応で世間とのズレが指摘される民放テレビ局の人権意識の低さが、改めて露呈した。

 これが決定打となり、問題のビデオは公開中止に。ボーカル・ギターの大森元貴が公式サイトに〈あらゆる可能性を指摘して別軸の案まで至らなかった我々の配慮不足が何よりの原因です〉と謝罪文を掲載する事態となった。

 そこで改めてSNSのトレンド入りしたのが「#コロンブス」。注目されたのは、ASKAが飛鳥涼名義でかつて光GENJIのために作詞作曲した「パラダイス銀河」の歌詞「しゃかりきコロンブス」だった。この歌詞の解説については本サイトでバズっている別記事を参照してもらうとして、ASKAは曲の中で子供たちの夢の世界を歌っており、世界で評価が分かれるコロンブスの偉業について触れたわけではない。

 この曲は今でも特別支援学校に通う障害児と卒業生が大喜びで合唱している名曲で、光GENJIがローラースケートで疾走する、スピード感あふれるダンスと実にマッチしている。

 これに対し、日本コカ・コーラ社のCMタイアップ曲であるMrs.の歌詞は「コロンブスの高揚」「謝りたい」と原住民の虐殺と植民地支配を暗喩しており、完全に「アウト」。よりによって同社を世界的大企業に押し上げた大人気飲料は、元はといえば、中南米大陸原産の「コカ」の実と葉を原料に作られていた。

 ヨーロッパ人は中南米の黄金とコカの実などのスパイス、トマトなどの植物を手に入れるために虐殺と略奪に及んだのだから、同社がMrs.に「コロンブス」というタイアップ曲を採用したことには絶句するしかない。

 企業もテレビ局も思考停止に陥っている…そんな現状に強烈なアッパーをかました、あるXユーザーの自虐に満ちた名言を紹介しておこう。

〈この曲の題名と歌詞がコロンブスでなくペリーだったら問題なかった〉

(那須優子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】