芸能

セイントフォーを解散に追い込んだ所属事務所と橋幸夫「3億8800万円」全面戦争/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 メンバーそれぞれのカラーが決まっていて、バク転等のアクロバティックな動きが特徴的な女性ダンス・パフォーマンス&ボーカルユニットといえば、「ももいろクローバーZ」をイメージする人は多いだろう。その元祖と言えるのが、1986年9月に「40億円デビュー」という派手な触れ込みで登場したセイントフォーだった。

 メンバーは岩間沙織、浜田範子、鈴木幸恵、板谷祐三子の4人。いずれも映画「ザ・オーディション」主演の一般募集によって3万人の中から選ばれた少女で、「日芸プロジェクト」という芸能事務所に所属した。十数社のレコード会社による争奪戦の末、橋幸夫が副社長を務めるレコード会社「リバスター音産」が契約にこぎつけている。

 デビュー後、1年ほどの間にLPとシングル合わせて9枚をリリースするなど、その活動は誰の目にも順風満帆に映っていた。

 ところがその裏側では、彼女たちが知らない「大人の事情」による、泥沼のスキャンダルが勃発していたのである。古参の芸能記者が解説する。

「彼女たちはポッと出のアイドルとの差別化を図るため、デビューまでに2年を費やして歌唱からアクロバット、ジャズダンス、ローラースケートに至るまで、徹底的にレッスン。その甲斐あって、デビュー後には独自のパフォーマンスがウケて着実にファンを増やしました。レコードの売り上げは15万枚から20万枚に迫る勢いでした」

 ところが1年後の1985年10月を最後に、リリースがストップ。その理由が「日芸プロジェクト」と「リバスター音産」との間で起こった、金銭をめぐるトラブルだった。古参の芸能記者が続けて言う。

「所属事務所側はレコード印税が全く支払われなかったとして、橋を背任横領で告訴し、さらには橋がセイントフォーの引き抜き工作を画策していたと主張した。一方の橋サイドは未払いとされた印税はレコード制作費と相殺済みであり、引き抜きは事実無根で名誉を傷つけられたと怒り心頭。全面対決は避けられない状況でした」

 翌1986年10月2日、都内で記者会見を開いた所属事務所の後藤文雄代表は言った。

「話し合いでダメなら、もう法律しかない。橋さん側が『訴訟でもなんでもやってくれ』という返事なので9月30日に、提訴に踏み切りました」

「リバスター音産」に対し、約3億8800万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したと明らかにしたのだ。もろんそんな状況下では4人の音楽活動を継続できるはずもなく、翌1987年1月18日、セイントフォーは東京・御茶の水の日仏会館でのコンサートを最後に、解散することになった。

「大人のトラブルには疲れました。中途半端な状態ではかえって申し訳ないと思って、4人で話し合って決断しました」

 涙ながらにそう語る、リーダーの岩間。鳴り物入りでのデビューからわずか2年5カ月で打たれた終止符に、会場に詰め掛けた500人のファンからは惜しみない拍手が送られていた。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】